プロTOP:田口一成プロのご紹介

安心して任せてもらえるように。丁寧な査定でモノの価値を見い出す(3/3)

田口一成 たぐちかずなり

遺品を通じて、故人を家族と振り返る機会も

 田口氏が仕事で心がけているのは、依頼主目線を忘れない「丁寧な査定」。依頼主が不安なく、また快く美術品を手放すことができるよう、意識を高く持っているそうです。

 「亡くなられたお父様の遺品を整理するということで、査定のご依頼を受けることがありました。遺品一つひとつ、その品がどういうものなのかをご説明させていただくことで、ご家族の方が安堵されたのが印象的でした。故人が大切にされてきたモノを通じて、お父様のことを振り返る機会となったようです。モノには故人の想いが息づいていますからね」

 宝鑑美術では遺品整理の際も、家族に対して査定内容を丁寧にフィードバックしています。それはモノの価値や詳細を分からないまま手放すよりも、分かった上で手放すほうが気持ち的に安心だと考えるから。結果として処分となっても、丁寧な説明を受けることにより、納得して処分ができると言います。

 鑑定士の仕事とは、言わば「モノを美味く捨てるための物指し」の役割を担うこと。美術品や骨董品の価値を見い出し、必要とされる人の元へ。モノの命を繋ぐ仕事とも呼べるでしょう。

(取材年月:2015年5月)

田口一成プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

モノの価値を明確に説明し、丁寧な査定を徹底する美術鑑定

店名 : 宝鑑美術
住所 : 愛知県名古屋市千種区東山通5-13-1 アーバン東山 [地図]
TEL : 052-789-0506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-789-0506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田口一成(たぐちかずなり)

宝鑑美術

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ