コラム

 公開日: 2014-10-03 

さあ色決めです!【色決め3】

色決めをしよう・・3





全体イメージを決めたら・・
そこから逸脱してはいけません。


あれもこれもが一番いけません。


目移りしてここはシックにあっちはジャパネスクにこっちはアバンギャルドになんてのが一番駄目。
外観と内観がまるで違うなんてのも大きな建築や店舗などではよく使う手ではありますが、住宅などでは非常に高等テクニックで難しいです。



家は1軒!
ならばイメージも1つです。


長い時間考えていると気が変わってくるのもよくあることです。
あの雑誌見てたらこんなのもあった、これもいいな~なんて。

もし、そうなったら全部一からやり直しましょう。
今までに決めた分も全部なしにして・・
それが工事に間に合う範囲でですが。




この決めたイメージになるように材料を色決めしていきます。



木の色や木目柄はもう決めてあります。
フローリングも扉も外部のデッキの色もみんなその決めた木の色柄に近いものを選びます。
キッチンや洗面台などの設備も木目にしたければその色柄に近い物にします。


多少の色柄の違いは問題ありません。
あえてここは色を濃くしたい薄くしたいなんてのもあくまでも決めた色柄から派生させて決めましょう。



外壁や屋根や窓などを全体のイメージにあわせて決めていきます。
色をつけたい時はテーマカラーに決めた色から選びます。

赤に決めたのなら赤系統のものを選びます。
真っ赤でなくてもいい、紅色でもピンクでも・・
系統が違うと合わなくなります。


内部のクロスなども玄関から廊下、居間や食堂など共用スペースは全てテーマカラーの系統の物で選びます。
洗面所や便所、寝室や子供部屋などの各個室は同じにしてもいいですし・・
各その部屋の中で完結するように色を決めてもかまいません。


一言でホワイトといってもいろいろな系統の白色があります。
赤系のピンクっぽいホワイト・・
グレー系のホワイト・・
少し青の入ったホワイト・・
小さなサンプルで見るとみんな白に見えますが、大きな壁になるとみんなそれぞれ少しずつ色がついています。


本当はマンセル番号などで確認すると何色を組み合わせて作っているのかわかるのですが・・
明るめの日影でよ~く見るとわかるはずです。


テーマカラーを赤にしたのなら赤系のホワイトを選びます。


ポイントにしたい色がある場合・・
たとえばキッチン・・
木目や金属色などの色にするのでなく色をつけたいのなら・・
当然赤にします。


青いキッチンに憧れてたので、ここだけ青なんてのは絶対にだめ。
それならばテーマカラーは青です。


色については同系色や補色を使ってわざと変えてアクセントにしたりアバンギャルドデザインとかポストモダンデザインなんて手法もありますが・・
これはかなり高等テクニックでなかなか難しい・・
覚悟を決めて使いましょう。



そうそう・・
室内の場合忘れてはいけない物・・
床に壁に天井に扉とか決めて・・
カーテンやブラインドを忘れてはいけません。


こういった物は閉めると壁全面が色になります。
室内にあるどれかの色に合わせて選びます。

床のブラウン・・
壁のホワイト・・


色をつけるなら・・
テーマカラーを赤にしたのなら赤です。






Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/

この記事を書いたプロ

アトリエ繁建築設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 杉浦繁

愛知県春日井市鳥居松町5丁目88番 春日井ビル4F [地図]
TEL:0568-87-2124

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご挨拶

長年建築設計に携わりもう30年近くになります。自分の考える家づくりをするために事務所を開設してからももう15年になろうとしています。あくまでもお客様のために...

家って買うものですか?

設計事務所なんて敷居が高くてなんて思っていませんか?家って住宅展示場でこれくださいって買うもんでしょうか?人がそれぞれであるようにその人が住む家もそれぞれ...

 
このプロの紹介記事
アトリエ繁建築設計事務所 代表、杉浦 繁さん

建築を総合的にプロデュース。妥協をゆるさない、徹底した「夢の家づくり」(1/3)

 「建築設計とは眺めるものをデザインするのではなく、人が住む『家』、つまり人が使うものをデザインしなければなりません。長きに渡り住む人が心地よく使い勝手をよくというのが大前提。建築デザインというのは奇をてらったデザインではなく、『安全性』や...

杉浦繁プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

家づくりは全てお任せ!全工程で頼りになるサポート力に強み

事務所名 : アトリエ繁建築設計事務所
住所 : 愛知県春日井市鳥居松町5丁目88番 春日井ビル4F [地図]
TEL : 0568-87-2124

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0568-87-2124

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦繁(すぎうらしげる)

アトリエ繁建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
消防士さんだって人間だわ・・。【検査・検査・検査・・3】
イメージ

消防士さんだって人間だわ・・。【検査・検査・検査・・3】そして・・忘れてはならない検査!そ...

[ 家造りのヒント・知識 ]

建築士は建築関係法規のプロ!!!。【検査・検査・検査・・2】

建築士は建築関係法規のプロ!!!。【検査・検査・検査・・2】そんな、お役所の検査ですが・・...

[ 家造りのヒント・知識 ]

だから配筋検査・・。【配筋検査・2】

だから配筋検査・・。【配筋検査・2】鉄筋コンクリートにおいて鉄筋という物は非常に大事な物です。...

[ 家造りのヒント・知識 ]

鉄筋コンクリートってのは・・。【配筋検査・1】

鉄筋コンクリートってのは・・。【配筋検査・1】先日・・配筋検査がありました。なのでこのクソ寒い...

[ 家造りのヒント・知識 ]

ダンス大会かよ・・【いつか何も出来なくなる世界・1】

ダンス大会かよ・・【いつか何も出来なくなる世界・1】著作権まるけでいつかなにも出来なくなるんじゃな...

[ 建築とは関係ない話ですが。 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ