コラム

 公開日: 2017-08-23 

PCウィルスにはどんな種類がある?

コンピュータウィルスは、さまざまな被害を与えます。近年では、個人情報が盗まれた結果、銀行預金が引き出されるなど、実害が広がっています。

企業は、円滑に事業を行うためにも、セキュリティ対策を講じるべきです。しかし、その前に、敵の手の内を知ることが必要でしょう。このコラムでは、コンピュータウィルスの種類と特徴について解説します。

PCはウィルス感染の脅威に常にされている

PCは、常にコンピュータウィルスの感染の危険性にさらされています。以前の記事でも触れましたが、中小企業の多くは、コンピュータウィルスをはじめ、セキュリティ対策に無頓着です。コンピュータウィルスは、ある日突然重大な危険をもたらします。PCを使用している以上、その脅威から逃れることはできません。

とはいえ、コンピュータウィルスは、適切な方法でセキュリティ対策を講じることで、多くのケースで侵入を防ぐことができるのも事実です。効果的にセキュリティ対策を講じるためにも、まずはコンピュータウィルスの種類について学んでおきましょう。

主なコンピュータウィルスは4種類あります。

ひとつは「ファイル感染型」です。EXEファイルなど、プログラム実行型ファイルに感染するウィルスのことで、「追記型」と「上書き型」に大別されます。

「追記型」は、プログラムの先頭や末尾または両部分に付着し、感染します。ファイル内の未使用部分に入り込むケースも確認されています。
「上書き型」は、文字通り、元のファイルを上書きしてしまうもので、かなり悪質です。

「追記型」の場合は、コードを変換することで、ファイルを復元できることが大半です。しかし、「上書き型」は、上書きされているため、復元は困難です。

自己増殖するウィルスも確認されている

次に「マクロ感染型(マクロウィルス)」と呼ばれるものです。エクセルやワードなど、普段私たちがよく使用するファイルには、マクロ機能が付いています。「マクロ感染型(マクロウィルス)」は、この機能を悪用することで、感染を引き起こします。

最も多い感染ケースは、エクセルなどのファイルにマクロウィルスが感染し、電子メールによって送信されることで、拡大するものです。エクセルやワードは、毎日使用しているものだけに、ウィルスに感染していることに気づかず、ファイルを使用または開封してしまうケースが相次いでいます。注意していても、完全に防ぎきることが難しいため、注意が必要です。

そして「ワーム型」です。「ワーム型」は、上述した2つのウィルスと異なり、自己増殖することが特徴です。いったん感染すると、ネットワークを通して、次第に勢力を拡大していきます。そのため、できるだけ早く発見し、対策を講じることが重要になってきます。

USBファイルやメールなどからも感染が確認されているため、注意が必要です。従業員がプライベートで使用していたUSBファイルに「ワーム型」ウィルスが入り込み、企業内のネットワークに侵入してしまったというケースも確認されています。

最後に「トロイの木馬」です。「トロイの木馬」は、ウィルス自体が悪質に見えないのが特徴で、そのため騙されやすくなっています。「トロイの木馬」がPC内に侵入すると、ユーザーパスワードの窃盗など、個人情報が盗まれる被害に遭います。最悪のケースでは、パスワードを悪用し、銀行預金がすべて引き出されてしまったという例もあります。適切なセキュリティ対策を講じなければ、このような直接的な被害を受ける恐れもあります。

これら、PCに被害を与えるものを称して「マルウェア(Malicious Software)」と言います。正式には「悪意のある(Malicious)ソフトウェア(Software)」のことで、短縮して「マルウェア」と呼ばれています。
PCに侵入してプログラムやデータベースに被害を与え、情報漏えいなどを引き起こすコンピュータウィルスは広い意味でこのマルウェアの一種です。

みなさんがよく耳にされるPCに被害を与える「ウィルス」は、一般の人にわかりやすいようにそう呼ばれているだけで、専門家などはこういったウィルスを「マルウェア」と呼ぶことが多いです。


2000年中ごろからは、ランサムウェアと呼ばれる不正プログラムも登場しています。利用者がファイルなどが開けないように暗号化し、それを解除するのと引き換えにお金を要求してきます。暗号化されたファイルなどを人質になぞらえ、元に戻してもらうためのパスワードと引き換えに支払うお金を支払う、いわば人質に対して身代金を払うことから「ランサム(身代金)」の言葉が使われています。迷惑メールなどに添付されているファイルを開くことで、ランサムウェアに感染してしまいます。

2016年、2017年に多くの被害を出したPetya、ワナクライもランサムウェアの一種です。

コンピュータウィルスの種類を知り、対策する

コンピュータウィルスの症状は、さまざまであり、「こうだ」と一概には断言できません。しかし、ファイルやデータが知らないうちに削除されていたり、異常を知らせるメッセージがPCから発せられた場合やPCが突然フリーズした場合などは、ウィルスに感染した可能性が高いため、注意が必要です。

重大な損害をもたらす可能性があるコンピュータウィルス。果たして、どのような対策を講じれば、感染を防ぐことができるのでしょうか。最低限行ってほしい対策は次の2つです。

ひとつは「ソフトウェアを最新の状態にしておく」ことです。コンピュータウィルスは、ブラウザやOSの脆弱性を突いて侵入してきます。ソフトウェアを常にアップデートしておくことで、侵入の隙を与えないことが重要です。

次に「セキュリティソフトの導入」です。以前の記事でも解説しましたが、個人向けセキュリティソフトではなく、法人向けセキュリティソフトを導入したほうがスムースです。可能ならば、システム管理者を選任し、ウィルス対策を講じましょう。

ウィルス対策ソフトは、さまざまなメーカーから販売されているため、どれを選ぶべきかわからないという声も聞こえてきます。もし迷った場合は、メーカーのほか、セキュリティソフトを扱っている業者に、自社に適したソフトについて遠慮なく質問しましょう。このとき、ぜひ重視したいのがフォロー体制です。

せっかくセキュリティソフトを導入しても使いこなせなければ意味がありません。わからない部分をサポートしてくれる業者は、セキュリティ対策の心強い味方です。

中部システム事務機 中留 正和 
052-369-2090
https://www.chubusystem.jp/message/staff/nakadome

経費削減 1、転送電話無料化 2、複合機コスト削減 白黒1円 カラー10円

市販のウィルス対策ソフトでは無意味? マルウェア対策が必要です!
マイナンバー制度へのセキュリティ対策に
https://www.chubusystem.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社中部システム事務機 [ホームページ]

Webコンサルタント 中留正和

愛知県名古屋市中川区高畑2丁目101番 高畑101ビル3F、4F [地図]
TEL:052-369-2090

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中部システム事務機の中留正和さん

オフィスやネットセキュリティについてなんでも聞ける“コンシェルジュ”(1/3)

 ホームページ制作やデータのバックアップ、インターネットセキュリティ、業務用電話などを幅広く手掛ける「中部システム事務機」の中留正和さんは、自らを「オフィス全体の“御用聞き”、“コンシェルジュ”」と表現します。 “御用聞き”中留さんのも...

中留正和プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

パソコン環境整備から業務効率化までをワンストップで実現

会社名 : 株式会社中部システム事務機
住所 : 愛知県名古屋市中川区高畑2丁目101番 高畑101ビル3F、4F [地図]
TEL : 052-369-2090

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-369-2090

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中留正和(なかどめまさかず)

株式会社中部システム事務機

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
偽装メールにご注意

最近、自社のドメインが付くメールアドレスで偽装メールが頻発しております。例弊社であれば chubusystem.j...

[ ネットセキュリティ(マルウェア対策) ]

ヤフーのトップニュースになっていないだけで、、、

ネットセキュリティの仕事をしているとよく耳にするのが「本当にサイバー被害ってあるの?」「自分の周りでは...

[ 注意喚起 ]

ホームページのコンバージョンとは?コンバージョン率アップのポイント

ホームページの「目的」は、「コンバージョン」にあります。「コンバージョン」とは、ホームページに設定した「目...

[ ホームページ集客 ]

ホームページのアクセス解析の目的と見るべき指標

ホームページを継続して成長させるために、「アクセス解析」は必要不可欠なものです。とはいえ、「アクセス解析」...

[ ホームページ集客 ]

費用をかけずにホームページのアクセスを増やす方法

ホームページ制作の目的はさまざまですが、有効に機能させるためにはアクセス数の増加を目指す必要があります。...

[ ホームページ集客 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ