コラム

 公開日: 2017-09-13 

VPNとは?安全で低コストなセキュリティソリューション

「VPN」は、「Virtual Private Network」の頭文字を取ったもので、安全で低コストなネットワークを実現するソリューションです。近年、大企業はもちろん、中小企業や個人事業主でも活用するケースが増えています。

「VPN」は、「インターネットVPN」と「IP-VPN」の2つに大別され、それぞれメリットとデメリットがあります。この記事では、その内容について取り上げつつ、当社におけるVPNの取り組みについても説明します。

「VPN」によりプライベートネットワークを実現

「VPN」とは、「Virtual Private Network」の頭文字を取ったものです。「VPN」は、安全な通信を低コストで実現する優れたソリューションとして、多くの中小企業が利用しています。

「働き方改革」が進展するなか、パソコンだけでなくモバイル端末によって、社内ネットワークにアクセスするケースが増えています。このとき、必要になってくるのがセキュリティの確保です。安全なネットワークが確立されていないなかで通信を行えば、情報漏えいなどを引き起こし、重大なトラブルに発展する恐れがあります。

例えば、外回りの営業マンがスマートフォンを使って売り上げデータなどの機密情報を社内に送りたいケースを考えてみましょう。Wi-fiなど、セキュリティ対策が脆弱な外部ネットワークを利用して通信を行えば、データをのぞき見され、さらに盗取される可能性さえあります。

こんなシーンに適しているのが「VPN」です。パブリックネットワークを使用しつつも、仮想的にプライベートネットワークを実現することが可能です。これにより、外部ネットワークを利用しているにもかかわらず、閉じた社内ネットワークとして、安全に通信することが可能になります。

2つの「VPN」のメリットとデメリットを押さえる

そんな優れた機能を有する「VPN」は、2種類あります。

ひとつは「インターネットVPN」です。「インターネットVPN」は、コストを重視したソリューションです。後で記述する「IP-VPN」と異なり、低コストで一定の安全性を確保することができます。

「インターネットVPN」は、通信パケットを暗号化することで、プライベートネットワークを実現しています。「インターネットVPN」の最大のメリットは、「コスト」と「簡便さ」でしょう。比較的安価に導入できることや現状のシステムに大きな手を加えることなく、進められるため、多くの中小企業で活用されています。

とはいえ、インターネット回線は、不特定多数の人が利用しているため、通信量が増大すれば、通信に遅延が発生する恐れがあります。また、前述した通り、重要なデータがのぞき見され、盗取される可能性もあります。つまり、「インターネットVPN」は、コストをかけずに一定程度のセキュリティを確保したい中小企業に最適なソリューションと言えるでしょう。

もうひとつは「IP-VPN」です。「IP-VPN」は、企業専用の閉鎖されたネットワークです。セキュリティベンダー(セキュリティ対策に関するサービスなどを提供している事業者)との契約内容にもよりますが、たとえ通信量が増大しても、大きな支障を来すことなく通信を行うことができます。セキュリティは堅牢であるため、安心して利用することが可能です。セキュリティベンダーによっては、「IP-VPN」のことを「クローズドVPN」と呼ぶケースもあります。

「IP-VPN」は、安全性に優れている一方で、コスト高を招きやすいというデメリットがあります。「インターネットVPN」と「IP-VPN」それぞれにメリットとデメリットがあります。詳細に比較衡量したうえで、導入することが肝要です。

バックアップ対策も同時に行う当社の「VPN」

手前味噌ではありますが、当社が提供するVPNソリューションについて解説させていただきます。当社では、VPNルーターと専用バックアップサーバーを導入することで、安全性と信頼性を同時に担保するVPNを実現しています。市場で高い評価を受けている「Windows Server OS」を活用し、高速転送による業務効率の向上に寄与しています。

重要なデータは、社外のクラウドサーバーに自動で保存するため、災害時など、緊急時にも対応しています。今やリスクマネジメントは必須です。VPNの実現と同時にバックアップを見直してみてはいかがでしょうか。

もちろん、メンテナンスやアフターフォローにも注力しています。サーバー設置時から5年間分の無償機器補償が付いているだけでなく、専門知識を持った技術者による修理を迅速に実施しています。サーバーには、不具合を自己診断により検知する機能も付加されており、多くのトラブルに柔軟に対応しています。

当社のVPNは、中小企業はもちろん、個人事業主の方にも多数活用されています。通信コストの削減だけでなく、セキュリティや業務効率の向上にも役立っています。企業によっては、VPNを導入することで、複合機やプリンターの経費を下げることも可能になります。VPNはさまざまなメリットがありますので、一度ご検討いただければと思います。

中部システム事務機 中留 正和 
052-369-2090
https://www.chubusystem.jp/message/staff/nakadome

経費削減 1、転送電話無料化 2、複合機コスト削減 白黒1円 カラー10円

市販のウィルス対策ソフトでは無意味? マルウェア対策が必要です!
マイナンバー制度へのセキュリティ対策に
https://www.chubusystem.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社中部システム事務機 [ホームページ]

Webコンサルタント 中留正和

愛知県名古屋市中川区高畑2丁目101番 高畑101ビル3F、4F [地図]
TEL:052-369-2090

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中部システム事務機の中留正和さん

オフィスやネットセキュリティについてなんでも聞ける“コンシェルジュ”(1/3)

 ホームページ制作やデータのバックアップ、インターネットセキュリティ、業務用電話などを幅広く手掛ける「中部システム事務機」の中留正和さんは、自らを「オフィス全体の“御用聞き”、“コンシェルジュ”」と表現します。 “御用聞き”中留さんのも...

中留正和プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

パソコン環境整備から業務効率化までをワンストップで実現

会社名 : 株式会社中部システム事務機
住所 : 愛知県名古屋市中川区高畑2丁目101番 高畑101ビル3F、4F [地図]
TEL : 052-369-2090

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-369-2090

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中留正和(なかどめまさかず)

株式会社中部システム事務機

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
偽装メールにご注意

最近、自社のドメインが付くメールアドレスで偽装メールが頻発しております。例弊社であれば chubusystem.j...

[ ネットセキュリティ(マルウェア対策) ]

ヤフーのトップニュースになっていないだけで、、、

ネットセキュリティの仕事をしているとよく耳にするのが「本当にサイバー被害ってあるの?」「自分の周りでは...

[ 注意喚起 ]

ホームページで成果を出すには目的を明確に!

ホームページを開設している中小企業は多いですが、「ホームページを有効活用できているか?」の質問では、「No」...

[ ホームページ集客 ]

通信費削減のポイントはサービスを一括にまとめること

通信費は常にかかるものだけに、可能な限り削減したいものです。通信費削減のキーワードは「一括とりまとめ」です...

[ 通信費削減 ]

標的型攻撃メールとは? 特徴と見分け方

「標的型メール」によるウィルス感染や情報窃取が相次いでいます。近年、「標的型メール」の手口は巧妙化しており...

[ 情報セキュリティ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ