コラム

 公開日: 2017-09-25 

ホームページのリニューアルを考えるタイミングと手順

ホームページを作りっ放しにしている中小企業は、多いものです。せっかくホームページがあるのに、これでは宝の持ち腐れです。そんなホームページはリニューアルを行い、生まれ変わらせましょう。
リニューアルは、どんなタイミングで検討すべきでしょうか。この記事では、ホームページをリニューアルするタイミングやリニューアル時の注意点などについて解説します。

ホームページは企業の窓口。ブラッシュアップを随時行う

ホームページを制作した後、特に改変もせず、そのままにしている中小企業の方が多いように思います。ホームページは、情報の変化に応じて発信する内容も変化をさせていくなど、どんどん中身を充実させて育てていける、いわば生き物のようなものです。内部要因および外部要因に応じて、随時リニューアルを行うべきです。

とはいっても、リニューアルは闇雲に行っては意味がありません。しかるべきプロセスを経たうえで、着実に実行することが必要です。リニューアルの際、最初にやってほしいのは、リニューアルする「目的」を定めることです。

前回の記事では、ホームページを制作するうえでの「目的」の重要性について解説しました。リニューアルにおいても、「目的」を明確化しなければ、やるべきことは決まりません。集客なのか、情報発信なのか、それとも求人なのか。「目的」によって、目標やコンテンツ(Webサイトに載せる情報)が異なってきます。

さて、どのようなタイミングでホームページのリニューアルを考えるべきでしょうか。さまざまなタイミングが考えられますが、主なものは7つあります。「外部要因」と「内部要因」に分類して解説します。

「外部要因」では、「機能面のブラッシュアップ」や「デザインの刷新」「他社の動向」が挙げられるでしょう。訪問者にとって使いにくいホームページに新たな機能を追加または改変することで、利便性を高めます。近年、スマホでホームページを閲覧するユーザーが増えていることから、スマホ対応を図るケースもよく見られます。
「デザインの刷新」は、文字通りデザインを時代に合ったものに改変することです。古めかしいデザインでは、ホームページを訪問してくれても、訪問者はすぐに離脱していまいます。フラッシュなど手間のかかることをしなくても、刷新は可能です。近年は優れたテンプレートも出ているため、時宜に応じて活用するのも一案です。
他社がホームページに注力しているのに、何もしないというわけにはいかないでしょう。今やホームページによって、企業の信頼性を測る時代です。他社を真似る必要はありませんが、意識することは重要でしょう。

リニューアルするタイミングを知っておく

次に「内部要因」について、見ていきましょう。「内部要因」は、「予算」「アニバーサリー」「人材」「新規事業立ち上げ、扱う商材の変化」が挙げられます。

ホームページの制作費用は、広告宣伝費として計上できることから、節税対策として効果的です。時宜に応じて、ホームページのリニューアル費用を予算に計上しておくのもよいでしょう。

創立20周年など、何かしらのアニバーサリーをきっかけにしてホームページをリニューアルすることも往々にしてあります。アニバーサリーであることを内外に知らしめることはもちろん、従業員に対し、会社のスタイルが変わることを示唆することもできます。

「人材」もリニューアルを行う大きな要因です。高度なデザイン技術を持った従業員が入社したことで「ホームページで表現できることが多くなった」などというケースが該当します。もちろん、「現状だと難しすぎるため簡便にしたい」というケースもあるでしょう。
また、新規事業を立ち上げた場合や商材が変化した場合も、ホームページをリニューアルする絶好のタイミングです。時機を逃さずにリニューアルを行いましょう。

CMSの導入など、継続して更新する仕組みも検討する

ホームページをリニューアルすると、動線が明らかになり、使いやすくなるというメリットがあります。また、SEOに強いコンテンツを作成できたなら、検索時に上位表示させることも可能になります。ホームページをリニューアルする過程で、事業内容やターゲットについて再考することも副次的な効果として期待できます。

リニューアルの際、併せて検討したいのがCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。制作会社にお願いしなくても、自分たちの手で写真や文章を追加することができるシステムです。

自分たちでできることで、制作会社に依頼して作業してもらっていた時間を削減できます。つまり、新商品やサービスの紹介などもスピーディに行うことができます。簡単に操作できることから、ホームページやブログに導入している中小企業や個人が増えています。前述した通り、ホームページは生き物です。放っておいては、鮮度が下がり、いずれ魅力がなくなってしまいます。

ホームページをイチからリニューアルすることは、それに関する知識や経験にたけた人材がいない中小企業では難しい場合もありますので、制作会社など、最新事情に詳しい業者と相談しながらリニューアルを行うとよいでしょう。

中部システム事務機 中留 正和 
052-369-2090
https://www.chubusystem.jp/message/staff/nakadome

経費削減 1、転送電話無料化 2、複合機コスト削減 白黒1円 カラー10円

市販のウィルス対策ソフトでは無意味? マルウェア対策が必要です!
マイナンバー制度へのセキュリティ対策に
https://www.chubusystem.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社中部システム事務機 [ホームページ]

Webコンサルタント 中留正和

愛知県名古屋市中川区高畑2丁目101番 高畑101ビル3F、4F [地図]
TEL:052-369-2090

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中部システム事務機の中留正和さん

オフィスやネットセキュリティについてなんでも聞ける“コンシェルジュ”(1/3)

 ホームページ制作やデータのバックアップ、インターネットセキュリティ、業務用電話などを幅広く手掛ける「中部システム事務機」の中留正和さんは、自らを「オフィス全体の“御用聞き”、“コンシェルジュ”」と表現します。 “御用聞き”中留さんのも...

中留正和プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

パソコン環境整備から業務効率化までをワンストップで実現

会社名 : 株式会社中部システム事務機
住所 : 愛知県名古屋市中川区高畑2丁目101番 高畑101ビル3F、4F [地図]
TEL : 052-369-2090

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-369-2090

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中留正和(なかどめまさかず)

株式会社中部システム事務機

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
偽装メールにご注意

最近、自社のドメインが付くメールアドレスで偽装メールが頻発しております。例弊社であれば chubusystem.j...

[ ネットセキュリティ(マルウェア対策) ]

ヤフーのトップニュースになっていないだけで、、、

ネットセキュリティの仕事をしているとよく耳にするのが「本当にサイバー被害ってあるの?」「自分の周りでは...

[ 注意喚起 ]

ホームページのコンバージョンとは?コンバージョン率アップのポイント

ホームページの「目的」は、「コンバージョン」にあります。「コンバージョン」とは、ホームページに設定した「目...

[ ホームページ集客 ]

ホームページのアクセス解析の目的と見るべき指標

ホームページを継続して成長させるために、「アクセス解析」は必要不可欠なものです。とはいえ、「アクセス解析」...

[ ホームページ集客 ]

費用をかけずにホームページのアクセスを増やす方法

ホームページ制作の目的はさまざまですが、有効に機能させるためにはアクセス数の増加を目指す必要があります。...

[ ホームページ集客 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ