コラム

 公開日: 2017-11-16  最終更新日: 2018-03-26

爪の表面に出る横線は病気のサイン?原因と症状について

年齢とともに縦スジが見られるようになりますが、横に出るスジには注意が必要かもしれません。

横線ができる原因は、大半が外的な衝撃を与えたことによるものです。ただし、まれに体の不調のせいで生じることもあります。

それぞれの症状を知り、深刻なトラブルになる前に対処できるようにしておきましょう。

爪に横線が出る原因

爪は健康のバロメーターです。爪に色や形状の変化があれば、それは何か体の不調を示しているのかもしれません。ある種の病気では、初期症状の一部として、爪に変化を及ぼすものがあります。病気以外でも先天的な異常や老化が原因のこともあります。

とはいえ、爪に生じる問題のほとんどが指先を使いすぎていたり、爪への強い刺激を受けたりしていることによるものです。すべてが病気に直結しているわけではありません。

必要以上に不安になることはありませんが、常日頃から自分の爪と向き合っていれば小さな変化にもいち早く気づくことができます。体の不調を見逃さないためにも、日々の手先のお手入れは有効といえます。

爪の異常で多いのがスジです。爪のスジには横のものと縦のものがあります。爪の縦スジは加齢で40代以降になると大半の人に現れますが、乾燥でも起こります。オイルやバッフィングで解決できます。

やっかいなのが横スジです。これも原因は大きく2つに分けられます。
1つ目は外的なダメージです。横スジはキューティクル付近を傷つけたり強く刺激を与えるか、爪を強く何かに挟んだりするとできやすくなります。爪の目元には新しい爪をつくる場所があります。衝撃を受けるとここでデコボコの爪が形成され、それがしばらくして溝となって生えてくるからです。

また、キューティクルケアを自分で行っているという人も要注意。処理をする際に力を入れ過ぎてしまい、キューティクル付近にダメージを与えたことで、結果として横スジが入った爪をつくってしまうことになるのです。

洗剤や化学薬品による刺激といったものもダメージを与えます。爪の水分と油分が失われることで、その時期の成長が遅くなり溝のある爪表面となるのです。外的要因を避ければ爪の成長とともに横筋は消えていきます。普段の生活で爪をガードするように動き、水仕事ではゴム手袋を使いましょう。

2つ目の原因は体調不良です。
爪が爪母で作られる段階で病気をしたり、栄養不足に陥ったりすると現れるものです。精神的なストレスや自律神経の失調、更年期障害で現れるともいわれていますが、誰もが起きるわけではありません。

過度なダイエットなどで栄養障害となると、キューティクルの下に横スジが形成されます。スジの深さは栄養不足のひどさに比例し、幅は問題があった期間を表します。スジは爪の成長に伴って前方へ移動していきます。

症状が出る指別の原因の違い

一般的には体調不良による横スジは全ての爪に生じます。どの病気にも当てはまるという訳ではありませんが、体調に異常がないか気をつけた方がいいのは、手足全部の爪にトラブルが起きた場合です。

特定の指にだけに起きたときは、その周辺にだけ問題があったのかもしれません。
指を扉に挟んだ時の衝撃、洗剤での炎症などに心当たりはありませんか?

また、最近の食器用洗剤の性能は上がっていて油汚れも素早く落ちます。ということは、手肌の脂質も皿についた油汚れのように落ちていくということです。人差し指の先を使って隅まで洗っている人ならば、人差し指だけにトラブルが起きているかもしれません。

見た目のケアだけでなく根本の原因改善が大事

横スジが外的な原因によるものであれば、その原因となるものを取り去って伸びるのを待ちましょう。

すでに出来てしまった横スジを目立たなくする方法はあります。自爪の上からジェルネイルをするか、磨いてスジを目立たなくするというものです。スジの深さや幅が軽度のものならば、ほかの人からは分からない程度にはカバーできます。

それでも、根本的にできてしまった横スジを完全に治すことはできません。
セルフケアする人は、キューティクルケアはやりすぎないように気を付けてください。爪にはその構造や性質から確立されたお手入れ方法があります。爪の構造を知らずに間違ったお手入れを続けるのは、爪の質を低下させます。

横スジの原因ともなるキューティクルケアは、力を入れてこすりすぎたり切りすぎたりするものです。目安としては爪の生え際を軽く引っ張ったときにキューティクルが爪からわずかに離れ、皮膚がスムーズに動く程度です。必要以上にやりすぎることで炎症が起こり、次に生えてくる爪にダメージを与えてしまいます。間隔は2週間程度あけて、段階をふんできれいにするつもりで根気よく取り組みましょう。

体の不調に原因があるのならば、生活を改善するか通院するなどします。

栄養不足ならタンパク質とビタミン類の不足に注意して、食事のバランスをよくするように努力してください。一日の食事のうち、6割から7割を植物性の食品で摂り残りを動物性とすると面倒な計算をしなくても大まかにバランスがとれます。ダイエットを気にするあまり脂質を減らし過ぎると、脂溶性ビタミンが吸収しにくくなります。

美しい爪のためにも、できるだけ加工されていない健康的な食品を選びましょう。多くの種類の野菜や果物を食べることも全身の美容につながります。


健康で美しい爪に育成!サロンのこだわり

サロンの口コミを見てみる

健康で美しい爪に育成するプランはこちら

この記事を書いたプロ

ローズモンド [ホームページ]

ネイリスト 北原千歳

愛知県名古屋市中区栄3丁目7-22 栄928ビル2F [地図]
TEL:052-262-1277

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ロースモンドの北原千歳さん

ネイルの輝きとサロンの癒しであらゆる女性を幸せに(1/3)

名古屋・栄。ラシックのほど近くにある女性専用のネイルサロン「ローズモンド(ROSE MONDE)」。“バラの世界”を意味し、華やかでありながらもリラックスできる空間が広がります。こちらで店長をしているのが、親しみのある笑顔が印象的なネイリス...

北原千歳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

高い技術と、洗練されたデザインであらゆる女性を魅了

会社名 : ローズモンド
住所 : 愛知県名古屋市中区栄3丁目7-22 栄928ビル2F [地図]
TEL : 052-262-1277

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-262-1277

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北原千歳(きたはらちとせ)

ローズモンド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の小指の爪が無いのは遺伝?それとも病気?

常に靴で圧迫されている足の爪は、トラブルに見舞われがちです。特に小指ともなると、変形していたり小さかったり...

[ 足の爪ケア ]

足の爪によくみられる二重爪とは!?原因と対処法

足の爪が2枚重なって生えているのが二重爪です。爪の層が剥がれる二枚爪と混同されがちですが、その原因は異なりま...

[ 足の爪ケア ]

爪の削り方と手順、準備する道具

爪のお手入れの初めの一歩は、爪を削って長さと形を整えることです。爪切りを使っているという人は、エメリーボー...

[ 爪の色と形 ]

自分にはどれが合う!? 爪の形の種類と特徴

爪の形には5種類のカットスタイルがあります。それぞれに醸し出す印象が違います。また、強度や向いている爪のタイ...

[ 爪の色と形 ]

短い爪でも整え方で印象は変えられる!

職場によっては爪を伸ばせないこともあります。だからといって、爪のおしゃれができないなんてことはありません。...

[ 爪の色と形 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ