コラム

 公開日: 2018-07-10 

縦長でスラッと伸びた爪の秘密はハイポニキウム

縦長でスラッと伸びた爪は女性の憧れ。美しい爪は手までもキレイに見せてくれます。

「でも私の爪は生まれつき短いから」と思っている方はいらっしゃいませんか?諦めなくても大丈夫です。正しいお手入れをすることによって、今よりも長くキレイな爪になれるのです。その秘密は爪の中の「ハイポニキウム」にあります。

ハイポニキウムを育てることで、長く、美しく、健康的な爪を手に入れることができます。

ハイポニキウムとは

ハイポニキウムというのは、爪と爪の下の皮膚の間にある角質のことです。

爪の中を手のひら側からのぞいてみましょう。透明の薄い膜が見えますね。それがハイポニキウムです。

ハイポニキウムは爪を固定する役割と、爪の中に異物や雑菌が混入するのを防ぐ役割をしています。つまり、爪の健康を保つためには欠かせないものなのです。

ハイポニキウムとネイルヘッドの関係

爪にはピンク色の部分と爪の先の白い部分がありますね。ピンク色の部分はネイルヘッド、白い部分はフリーエッジと言います。

キレイな爪の条件のひとつとして、ネイルヘッドの面積が大きいことが挙げられます。縦長の爪をつくるためには、ネイルヘッドを長くすることが必要です。
しかし、爪を伸ばすと、大抵は白い部分、フリーエッジが伸びてきて不衛生に見えてしまうことが多いものです。

では、どうすればネイルヘッドが伸びるのでしょうか?
それはハイポニキウムを育てることで実現します。

ハイポニキウムにダメージを与える悪い習慣

ハイポニキウムが育たない原因は、途中で剥がれてしまうということです。

私たちは日常生活でいつも手を酷使しています。
ハイポニキウムはデリケートなので、日常生活のちょっとした動作で剥がれてしまいます。
それゆえ、ハイポニキウムを育てるためには、傷つけることがないよう注意したり、お手入れをしたりすることが大切なのです。

特に次のような行為には注意が必要です。

〇深爪をする
ハイポニキウムは爪が伸びるのに連動して伸びていくものです。深爪をすることでハイポニキウムも小さく、短くなってしまいます。

〇爪を噛む
爪を噛むクセもまた、ハイポニキウムが剥がれる原因となっています。

〇爪切りを使う
爪きりを使うと、爪自体にも負担をかけてしまいますが、ハイポニキウムも損傷してしまいます。深爪にもなりやすいので、爪やすりの使用をおすすめします。

〇爪の間の汚れをかき出す
爪の間は汚れやゴミが溜まりやすいところです。黒くなった汚れをかき出したりすると、ハイポニキウムが損傷してしまいます。

〇爪の先で引っ掻く動作
シールやテープをはがしたり、プルタブをあけたり、引き戸の開閉などを無理に行うと爪が反り返ってしまい、ハイポニキウムに負担がかかります。

以上のように、いままでは当たり前に行ってきた動作が、ハイポニキウムの育成を妨げてしまうことがあるので注意してください。

ハイポニキウムを育てるためのネイルケア

爪は乾燥に弱いので、とにかくこまめに保湿をすることが大切です。ハイポニキウムも乾燥が進むと剥がれやすくなりますので、爪と指の間もしっかり保湿することが大切です。

爪の汚れを落とした後や、入浴後など、思いついたら保湿を行ってください。ネイルケア用のクリームやオイルなどを利用すると便利です。

爪の間を清潔に保つ

爪の間は汚れやすく、ゴミがたまりやすいところです。毎日清潔に保つことがハイポニキウムのケアにつながります。

前述のようにかき出すとハイポニキウムを傷つけてしまいますので、やわらかいブラシなどでやさしく汚れを落としてあげましょう。

フリーエッジの長さは2mmを目安に

ハイポニキウムを守るために、フリーエッジは長めに保つのが望ましいです。2mmを目安にしてフリーエッジを維持しましょう。

この部分がハイポニキウムの「伸びしろ」となります。短くしてしまうと「伸びしろ」がないので、いつまでたっても育ちません。手のひら側から、爪が見えないほど短く切るのは避けましょう。

爪の形はスクエアオフに

爪の形は四角く整えるスクエアオフがベスト。同じ長さでも、爪の先をラウンド型にすると、ダメージを受けるリスクが高まります。

さらにネイルヘッドの面積も小さくなってしまいます。爪を平らに削るスクエアオフなら、ネイルヘッドを大きく維持することができ、ハイポニキウムも育ちやすくなります。

看護師さん、飲食業の方、美容師さんとなど、職業柄、爪を短くしなければならない場合もありますね。そのような方にもスクエアオフはおすすめです。

ハンドマッサージで血行を改善

手首を回したり、指や手をマッサージしたりすることで血行が良くなり、爪が伸びやすくなります。気がついたらマッサージをする習慣をつけ、手の血行を良くしましょう。

ハイポニキウムが育たない原因は途中で剥がれてしまうことです。
剥がれないように習慣を見直すと同時に、育てるケアを意識して行うことで、ハイポニキウムが育ち、爪の形も美しく変化してきます。

この記事を書いたプロ

ローズモンド [ホームページ]

ネイリスト 北原千歳

愛知県名古屋市中区栄3丁目7-22 栄928ビル2F [地図]
TEL:052-262-1277

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ロースモンドの北原千歳さん

ネイルの輝きとサロンの癒しであらゆる女性を幸せに(1/3)

名古屋・栄。ラシックのほど近くにある女性専用のネイルサロン「ローズモンド(ROSE MONDE)」。“バラの世界”を意味し、華やかでありながらもリラックスできる空間が広がります。こちらで店長をしているのが、親しみのある笑顔が印象的なネイリス...

北原千歳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

高い技術と、洗練されたデザインであらゆる女性を魅了

会社名 : ローズモンド
住所 : 愛知県名古屋市中区栄3丁目7-22 栄928ビル2F [地図]
TEL : 052-262-1277

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-262-1277

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北原千歳(きたはらちとせ)

ローズモンド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
深爪の基準は?爪の先に肉の部分が見えたら深爪

理想的な爪の長さはどのくらいでしょうか? それはライフスタイルや仕事の内容、好みなどにもよります。一方...

[ 深爪の悩み ]

爪を噛む癖がやめられない心理は?原因と治し方

「なくて七癖」と言いますが、誰もが何らかの癖を持っています。関節をポキポキ鳴らしたり、髪をかき上げたり、イ...

[ 噛み爪の悩み ]

噛み爪矯正に効果あり!スカルプチュアで噛めなくするという方法

手や爪は意外と他人の目に留まる部分です。あなたの爪は、まわりの方にどのような印象を与えているでしょうか。...

[ 噛み爪の悩み ]

足の小指の爪が無いのは遺伝?それとも病気?

常に靴で圧迫されている足の爪は、トラブルに見舞われがちです。特に小指ともなると、変形していたり小さかったり...

[ 足の爪ケア ]

足の爪によくみられる二重爪とは!?原因と対処法

足の爪が2枚重なって生えているのが二重爪です。爪の層が剥がれる二枚爪と混同されがちですが、その原因は異なりま...

[ 足の爪ケア ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ