コラム

 公開日: 2015-07-13 

小学生と英語の発音:文単位の発音

こんにちは。
ECCジュニア犬山上坂教室 加藤雅子です。

さて、単語を並べたからといって、英文が話せるようにならないことはご存じかと思います。
ECCジュニアではまずレッスンの初めにウォーミングアップにUseful Expresstions を取り
入れています。
ここで子どもたちは気軽な一言英会話を楽しみます。
日本語にない音や英語的な強い息の出し方での発話、動作をつけての発話など一
言の練習要素もいろいろです。

例えば "Yes !"
Yes/No(はい/いいえ) と同じ言葉ですが、一語文として何かをやり遂げた気持ちで
「よし!」「やった!」と喜びを表して使うこともあります。
教室では「宿題で花マルもらった!」 "Yes !" なんて感じです。
嬉しさや達成感の表現は言葉だけでなく、ポーズも一緒に付けてます。
定着すると、ポーズをすれば、一言が無意識に出てくることもあります。

さてレッスンではスキットやダイアログの中で、アクセントや抑揚、単語間で発生する
音の連鎖[ Liaison ]、脱落[ Elision ]、同化[ Assimilation ]などが指摘されます。
ECCジュニア上坂教室_音の連鎖、脱落、同化
↑ 赤:連鎖[ Liaison ] 青:脱落[ Elision ] 緑:同化[ Assimilation ]

学習年数が5年もあれば、リスニングで前述の内容は、苦労知らずでしょう。
ちゃんと耳から頭に入ってきて、何を言ったのかわかるようになります。

自分が言ったり、、聞いたり、指摘されたことのない言葉や文は話せません。
毎日少しずつ、どんどん多くの知識や事柄を英語で学習しましょう!

この記事を書いたプロ

ECCジュニア犬山上坂教室 [ホームページ]

英会話講師 加藤雅子

愛知県犬山市上坂町3丁目89番地 [地図]
TEL:0568-61-5130

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ECCジュニア犬山上坂教室 加藤雅子

五感を使った指導で子どもたちに“使える”英語を教える英語教師(1/3)

 「幼少時から英語を使い始めることで、英語と日本語が同じレベルで使える脳が育まれるんです。子どもは3歳ぐらいになると、自分の気持ちや考えを発信できるようになるものですが、英語を学んでいる子は、知っている言葉であれば日本語も英語も同じように使...

加藤雅子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

幼児・小学生の英語教育に精通

屋号 : ECCジュニア犬山上坂教室
住所 : 愛知県犬山市上坂町3丁目89番地 [地図]
TEL : 0568-61-5130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0568-61-5130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤雅子(かとうまさこ)

ECCジュニア犬山上坂教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
犬山の小学生の皆さん 英語話してますか?! Part3
イメージ

小学生の書いて話せる英語力サポート ECCジュニア犬山上坂教室 かとうまさこです。小学3・4年生、中級ク...

[ 英語学習のこと ]

小学生の書いて話せる英語力 ―――って?
イメージ

こんにちは。ECCジュニア犬山上坂教室 加藤雅子です。「書いて話せる」について、尺度の分かりやすい例を示...

[ 英語学習のこと ]

犬山の小学生の皆さん 英語話してますか?! Part2
イメージ

小学生の書いて話せる英語力サポート ECCジュニア犬山上坂教室 かとうまさこです。英語は使ってこそ身につ...

[ 英語学習のこと ]

犬山の小学生の皆さん 英語話してますか?!
イメージ

こんにちは。ECCジュニア犬山上坂教室 加藤雅子です。いい季節ですね。朝から  "Rise up Shine !"  ...

[ 英語学習のこと ]

小学生の英語学習は「英語貯金」!!
イメージ

こんにちは。ECCジュニア犬山上坂教室 加藤雅子です。これからの日本は人口減少期。社会学的見地からも今...

[ 英語学習のこと ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ