コラム

 公開日: 2017-11-13 

補助金の申請書類を作成するコツ①[採択される補助金申請書を作成する5つのコツ]/愛知・名古屋

採択される申請書は何が違う?

申請する補助金を決めたら、実際に申請書類を作成していく必要がありますが、初めて作成する場合、何をどう書いたらいいのだろう…と、とてもハードルの高いものに感じてしまいます。
補助金の申請書には、記入例がついています。多くの申請者はこの記入例を見て、同じようなレベルで申請書を作成していることが多いのですが、記入例は、とてもあっさりと書かれているので、記入例の通りに申請書を作成していると内容が不十分でなかなか採択されません。
では、採択されるためにはどうしたらいいのでしょうか?
採択される申請書を作成するには、5つのコツがあります。

①審査の基準となる審査項目を一つ一つ押さえる
 公募要領には審査の基準となる審査項目が記載されています。審査員は、審査基準に従って審査をします。この審査項目を一つ一つ押さえていくことが重要です。補助金を提供する側の求めることは何か、求められているレベルを確認するためにも、申請書を作成する際には、必ず審査項目を確認してください。

②事業者のやる気の伝わる書類を作る
 どのように他社と差別化をし、競争力を強化するのか、自社の強みを生かしたアピールポイントを明確にすることが重要です。このアピールポイントに裏付けがあり説得力があると、多くの審査項目の評価に良い影響を及ぼします。

③分かりやすく表現する
 補助金の審査員は、多くの場合は大学教授や研究所長、大企業の役員、コンサルタントなどの知識人です。特定の分野では知識と経験を持っていますが、補助金は、あらゆる分野の企業が申請します。すべての分野に詳しい人はいません。基本的には素人が読み、審査をすると考えて、誰が読んでも短時間で理解できるようにすることが重要です。
 文章だけでなく、図や写真なども使いながら表現していくと、理解しやすくなり、記憶にも残りやすくなります。また、当たり前のように使ってしまいがちな専門用語にも注意しましょう。

④ストーリーがあるか
 流れるようなストーリーだと、バラバラに説明されるよりも、審査員は深く理解することができます。深く理解することで、事業の必要性に共感を得ることができるのです。
 なぜこの事業をするのか、どのようにして成功させるのか、将来的にはどのようなことを考えているのか、これらをストーリーにし、補助金を提供する側の立場に立って説明することが重要です。補助金の趣旨を理解し、それを実現するというストーリー展開を考えましょう。
 
⑤地域社会への貢献が見込まれる事業であるか
 この事業を行うことで、どれだけの波及効果があり、地域の雇用や経済へこれだけの貢献ができる、地域振興に役立つということを申請書の中に入れていきましょう。

以上が採択される申請書を作成する5つのコツです。採択されるためにはこれらを全てクリアする必要があります。ぜひ参考にしてください。

当社は、補助金の申請サポートを行っております。また、採択後のアフターフォローも充実しておりますので、安心してお任せいただけます。補助金の申請でお困りの場合はぜひ一度ご相談ください。初回のご相談については、“無料”にて行っております。

株式会社KSビジネスコンサルティング
代表取締役 鈴木 謙彰
(中小企業診断士/社会保険労務士)

※※※中小企業の資金調達、経営改善・事業再生のことならお任せください!※※※

 愛知県名古屋市中区錦一丁目4番16号
 KDX名古屋日銀前ビル6階 (旧ビル名:日銀前KDビル)
 株式会社KSビジネスコンサルティング
 TEL:052-202-0110

〔会社 代表ホームページ〕
 URL:http://www.ks-bc.com
〔資金調達(融資、補助金、助成金等)サポート 専門サイト〕
 URL:http://www.shikin-choutatsu-support.com

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この記事を書いたプロ

株式会社KSビジネスコンサルティング [ホームページ]

中小企業診断士 鈴木謙彰

愛知県名古屋市中区錦一丁目4番16号 KDX名古屋日銀前ビル6階 (旧ビル名称:日銀前KDビル) [地図]
TEL:052-202-0110

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社KSビジネスコンサルティング 代表取締役 鈴木謙彰さん

中小企業の資金調達を得意とする経営コンサルタント(1/3)

 地下鉄伏見駅から徒歩約4分。日本銀行名古屋支店前にある「株式会社KSビジネスコンサルティング」の代表を務める鈴木謙彰さんは、15年以上にわたる金融機関勤務で培った資金調達の知識と豊富な経験を活かし、企業にとって必要不可欠な資金調達をメイン...

鈴木謙彰プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中小企業の資金調達から経営改善までトータルな支援に強み

会社名 : 株式会社KSビジネスコンサルティング
住所 : 愛知県名古屋市中区錦一丁目4番16号 KDX名古屋日銀前ビル6階 (旧ビル名称:日銀前KDビル) [地図]
TEL : 052-202-0110

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-202-0110

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木謙彰(すずきかねあき)

株式会社KSビジネスコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
助成金を申請する②[申請の準備をする]/愛知・名古屋

 助成金をもらうための基本条件と注意点 色々な助成金がありますが、どの助成金にも共通する助成金の基本条件...

[ 補助金・助成金 ]

助成金を申請する①[使える助成金を探す]/愛知・名古屋

 助成金の探し方 助成金は、基本的には全て「雇用確保」が最終目的であるのが特徴です。①従業員の雇用維持を...

[ 補助金・助成金 ]

補助金の申請③[採択から支給まで(採択後の流れ・注意点)]/愛知・名古屋
イメージ

 採択後の流れと注意点 実は採択後にもやることはたくさん・・・ 補助金を申請し採択されると、まず説明会が...

[ 補助金・助成金 ]

補助金の申請②[申請の準備をする]/愛知・名古屋

 補助金の応募を決める前に確認するポイント 補助金の応募を決める前に確認するポイントは3つあります。①...

[ 補助金・助成金 ]

補助金の申請①[使える補助金を探す]/愛知・名古屋

 補助金・助成金の探し方 経済産業省、農林水産省、その他の政府機関、地方公共団体など、色々な機関が約3,000...

[ 補助金・助成金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ