プロTOP:鈴木敏広プロのご紹介

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(2/3)

まちの大工さん 鈴木工務店  事務所には鈴木さんの手作りがあふれている

断熱と耐震を両立させて安心・安全の家づくりを

 「リフォームや修繕に関する依頼も多いです」と鈴木さん。中でも多いのが「雨漏り」の修繕依頼。意外にも、築数年という家からの依頼が多いというから驚きです。「最近の傾向として多いのが、表面化している箇所と雨漏りする箇所が離れているケース。これは原因を特定するのが難しいんです。外壁防水シートが、雨水の浸入を防ぐので症状としては表れにくい。壁に染みができる頃には、ひどい惨状になっていることも少なくありません。だから、ちょっとでも気になったら、すぐに相談してください」。

 価値観や個性が多様化する昨今、デザイン性重視の家や断熱工事の方法にも、鈴木さんは疑問を投げかけます。「『耐震性』『断熱性(省エネ)』をうたいながら、実際は耐震性の弱さと室内に大きな温度差を生むことが指摘されている吹き抜けのある家。また、材料の性能だけで断熱を考える家が増え、柱などの傷みに繋がる内部結露の考慮を忘れているのではと感じます。だから当社では、断熱性を高めながら内部結露を起こしにくい、通気断熱WB工法の住まいを採用しています。室内と壁の中の空気を動かして湿度を調節し結露しにくくする方法なので、壁の中の木材や柱も傷みにくくなり、家の寿命も長くなるんです」。

 ほかにも、WB工法と相性が良く実大実験済であるダイライトを耐力壁に使用し耐震性を高めたり、10年以上前から『株式会社 住宅あんしん保証』に登録し、新築工事への瑕疵担保責任保険、完成保証や、リフォーム工事においても保証をつけるなど、安心、安全な暮らしづくりのための地固めにも余念がありません。最新の建築事情にも精通する鈴木さんは、意外と知られていない家づくりの盲点を教えてくれる心強い味方でもあるのです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 家づくりはワクワクするもの、楽しまなくてはもったいない

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
熊本地震で分かったこと④~角度によって耐力が違う
イメージ

 耐力壁の耐力は壁の強さと壁の長さで決まり、耐力壁の大きさの基本は水平方向の長さを1とすると垂直の長さは3の...

[ 地震 ]

熊本地震で分かったこと③~筋交いの方向性
イメージ

筋交いと面材ではもう一つ大きな違いがあります。力のかかる方向で強度が違う、方向性があるのです。下の図を見て...

[ 地震 ]

熊本地震で分かったこと②~面材の被害は少なかった
イメージ

筋交いに比べ、面材の被害は少なかったようです。面材とは、合板のような一枚の板を柱と梁、土台などに止めて耐...

[ 地震 ]

熊本地震で分かったこと①~筋交いが切れた
イメージ

 コラム「熊本地震で起きたこと、分かったこと」は主に新聞、TVなどの報道から作ったコラムでした。このコラムは...

[ 地震 ]

熊本地震で起きたこと、分かったこと⑪~法律改正はなし
イメージ

10月に「国土交通省は2000年基準の改正はなし」と発表しました。2000年基準の家の被害が少なかったこ...

[ 地震 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ