コラム

 公開日: 2014-01-30  最終更新日: 2014-07-04

うちのつくり方14 ~③-1 リフォームの時代~

その③ 将来、リフォームしやすいことを考えて

③-1 リフォームの時代
今では、リフォーム工事は当たり前になりました。ではなぜ、当たり前になったのでしょうか。その最大の理由は、日本中の大工がつくってきた工法(木造軸組工法)がリフォームに適した工法だからです。
日本の大工は柱と梁などの部材を組み合わせて骨組みをつくり、屋根を葺き、壁をつくり、内装をして家をつくります。骨組みに面材を付ける、主要構造材と仕上げ材が別々なため、リフォームに適しているのです。
          う32
奈良の法隆寺は、約1300年前に建てられましたが、今でも建っています。その理由はリフォームできたからです。日本の木造軸組工法は、全てをバラバラにしてまた元のように組み上げる解体修理ができるからです。寺だけでなく民家も木造軸組工法で、解体修理が可能です。神戸市北区に箱木家という家があります。約600年前、鎌倉時代末期か室町時代の初期に建てられた住宅ですが、増改築を繰り返し1980年代にダムが作られるまで実際に住んでいた家です。
          う33
約1300年前はもちろん600年前にも電気道具はありません。まして、工場で正確に部材を加工することなどできるわけありません。法隆寺や箱木家が建っているもうひとつの理由は、現場で部材の加工をして、組み立てたから、現代でも解体修理できるのです。今リフォームしている木造住宅のほとんども同じように職人が加工して組み立てたのです。一つ一つの部材は不揃いなのに、何百年も持っているのは現場作業が主で、調整しながらつくったからです。

次回は、『③-2将来リフォームできる条件』 です。

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
軒のない家が増える理由⑧~片流れ屋根の家は水上も大事
イメージ

片流れの家は雨が一方向に流れるため、前回書いたように水下に雨が集中し、雨漏りしやすくなると考えられますが、...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑦~デメリットその2 雨の量
イメージ

今回はデメリットその2です。片流れの家は雨が一方向に流れるため、勾配が同じで、面積が同じならば切妻屋根に...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑥~勾配がキツイ屋根の作り方について
イメージ

今回は前回書いた勾配がきつい場合の作り方についての私の疑問です。通常、屋根は下の絵のように作ります。三...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑤~デメリットその1 バランスが悪い
イメージ

前回まで最近見る片流れ屋根の3つのタイプについて書きました。今回からはそのデメリットです。まず、何より...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由④~パラペットのある屋根の家
イメージ

三つ目はパラペットのある家です。最近、家の外からも見ても屋根の形が分からない家があります。このような家は...

[ 片流れ屋根の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ