コラム

 公開日: 2014-05-05  最終更新日: 2014-07-04

元気な老夫婦

父の友人から「流しを替えたいのだが…。」と電話がありました。父の友人ですから80代後半、奥さんとお二人で生活されています。年齢を考えると本当かなと思いつつ、父と一緒に伺いました。
部屋に入れさせてもらい、見ると古い流し台がありました。流し台の長さを測り、「今はスライド式のシステムキッチンが多いのですが、ショールームに見に来ますか?」と後日、一緒に行く約束をしました。

数日後、ご夫婦と娘さんと共にショールームに、スライド式のシステムキッチンなどを見て悩まれましたが、いまさら新しい形より同じ形の方がいいということで、システムキッチンではなく流し台、調理台、ガス台を並べるキッチンになりました。連休中で納期が数日かかる旨をお伝えすると「先に逝ってしまうかもしれない。」と御主人は冗談を言っていました。小一時間ショールームで説明を聞き、疲れた様子もなくお帰りになりました。

それにしても、お元気でビックリ。ご主人は補聴器もなく会話し、奥さんもサッサッと歩く、毎日お二人だけで生活しているこんなご夫婦ばかりなら、世間で問題とされている高齢化も何の心配もないと思います。よく考えたら、ご夫婦の家は30年以上前に建てられ、段差だらけでバリアフリーではありません。もしかすると、家で生活しているだけでいい運動になっているのかもしれません。お二人を見ていると高齢化=老化とは限らないようです。

                 

最近は若い人の家でも、段差のない床、手摺とバリアフリー仕様にしますが、段差を越えないと生活できない家に住むこのご夫婦を見ると、バリアフリーはどんな家でも必要な事だろうかと考えてしまいました。

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
震度について②~震度とは
イメージ

今回は震度の歴史です。震度は明治17年(1884年)に気象庁が4段階で決めました。その後、明治31年(1898...

[ 地震 ]

震度について①~TVのコマーシャルから
イメージ

9月頃、テレビを見ていたらある会社のコマーシャルを見て 「えー...

[ 地震 ]

続 聴竹居を訪ねて⑩~TV放映を見て
イメージ

このコラムをほぼ書き終えた頃、8月19日にTV番組で「聴竹居」が取り上げられていました。やはり、重要文化財に指定...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて⑨~視線
イメージ

このコラムは前回の最後の続きです。今回はゆっくり見ることができたので、藤井厚二が人の視線をどのように考えて...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて⑧~真壁の美しさ
イメージ

聴竹居を見ていると改めて真壁の良さを感じました。真壁とは柱を出した壁、柱が見えない壁は大壁と言います。...

[ 四方山話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ