コラム

 公開日: 2014-06-30  最終更新日: 2014-07-04

雨漏り6~日本の降水量 予備知識4

グラフAは世界各国と比べた日本の降水量です。日本の年間降水量は約1700㎜、これは世界平均880㎜の約2倍に相当します。グラフのようにフィリピンやインドネシアなどの国には及びませんが、タイよりも多く、アメリカ、ヨーロッパのフランス、オーストラリアと比べるとその降水量の多さが分かります。
         
グラフBは東京の月別の降水量の比較です。9月は約208㎜、12月は約39㎜とその差は5倍、一年のうち6月の梅雨時期から10月の台風シーズンまでに雨の量が集中しています。
                 

このように、日本の雨は、6月から10月に大量の雨が降るのです。日本の雨が一年を通して月ごとの雨量が平均していて、一度に降る雨の量も一定なら、それに適した家をつくればいいのですが、時期によって差が大きいため、「そうでなくてもいいのでは」と考える人が出てきます。そう考える人が様々なデザインの家をつくり、防水技術の進歩がそのデザインを実現させるようになりました。

たとえば、以前は屋根と言えば三角形でしたが、最近はいろいろな形の屋根の家が建っています。今は防水材に頼った雨漏り対策をするようになり、工夫しにくくなりました。防水材のない頃の家の方が雨漏り対策をしていた、と考えられるのです。


次回は、「雨漏り7~600年使われた家」です。

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
軒のない家が増える理由⑧~片流れ屋根の家は水上も大事
イメージ

片流れの家は雨が一方向に流れるため、前回書いたように水下に雨が集中し、雨漏りしやすくなると考えられますが、...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑦~デメリットその2 雨の量
イメージ

今回はデメリットその2です。片流れの家は雨が一方向に流れるため、勾配が同じで、面積が同じならば切妻屋根に...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑥~勾配がキツイ屋根の作り方について
イメージ

今回は前回書いた勾配がきつい場合の作り方についての私の疑問です。通常、屋根は下の絵のように作ります。三...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑤~デメリットその1 バランスが悪い
イメージ

前回まで最近見る片流れ屋根の3つのタイプについて書きました。今回からはそのデメリットです。まず、何より...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由④~パラペットのある屋根の家
イメージ

三つ目はパラペットのある家です。最近、家の外からも見ても屋根の形が分からない家があります。このような家は...

[ 片流れ屋根の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ