コラム

 公開日: 2014-07-03  最終更新日: 2014-07-04

雨漏り7~600年使われた家

写真は、以前私が神戸に行った時に撮った「箱木家」の写真です。

          

箱木家は、鎌倉時代末期か室町時代初期に建てられた民家で、1980年代に移築するまで実際に使われていた家です。屋根は茅葺、平屋建てなので、地震には強いと考えられ、600年も使われた理由は雨漏りしなかったと思われます。


日本の家の屋根は、竪穴式住居の時代から三角形が基本で、箱木家のような三角形の屋根がほとんどでした。昭和30年代までの家は木を構造材にして土壁の家、板の戸、紙障子です。雨に弱いため、屋根を大きな三角形にし、軒を深くして雨が家に当らないようにしていました。雨だけでなく、周囲に降った雨が家の方に来ないように周囲の敷地より一段高くし、降る雨や降った雨がとにかく当たることを避けていました。

箱木家が600年間の長期間使われた理由は、こうした工夫で木材をはじめとした家の材料が傷まないようにしていたためと思われます。もちろん箱木家では定期的にメンテナンスされ、茅葺の屋根から雨が漏ることはほとんどなかったと思われます。
          

私が雨漏りを見に行くと、屋根から漏っている場合はほとんど屋根材の破損かメンテナンス不足です。雨漏りの多くは屋根ではなく、壁から漏ることが多いのです。


次回は、「雨漏り8~2階建てが建ち雨漏りは壁からになった」です。

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
冬向きの家⑨~湿度の事は書いていない
イメージ

記事の中に、湿度の事は書いてありません。英国やドイツのように、夏の外気は高温小湿、冬の外気は低温多湿なら、...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家⑧~冬以外はどうなる
イメージ

家の断熱性能を上げるには、窓を小さくする、断熱材の性能を上げることが必要です(もちろん、窓の断熱性能を上げ...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家⑦~冬のことしか書いてない
イメージ

この記事もそうですが、日本の住宅の断熱性能が低いという話になると冬の話しかありません。文春の記事も冬に室内...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家⑥~エアコンの普及が変えた
イメージ

現在、日本の家で全くエアコンが取り付けていない家はどれぐらいあるでしょうか?昔は高価だったエアコンも1台10...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家⑤~夏が優先されていた
イメージ

今回のコラムは私のコラムをずっと読んでいただいている人には同じ話になってしまいますが、日本の気候と家につい...

[ 冬向きの家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ