コラム

 公開日: 2014-07-28 

雨漏り12~角から雨は漏る

昔から「角から雨が漏る」と言われています。前回のコラム”雨漏り11~雨が漏るところ”に書いた雨漏りしやすい場所も開口部以外は角が多いのです。
大工は、雨漏りしないように、さまざまな工夫をして家を建ててきました。大工が設計にかかわらなくなった現在、大工の知恵は忘れ去られ、見た目優先の家がたくさん建つようになりました。雨漏り防止よりも見た目が優先されているのです。

なぜ、そういったデザイン優先の家が建てられるか?
その理由は防水材料の進歩で雨を家に入れないことが可能になったからです。しかし、一般的な防水材の寿命は10年程といわれています。風雨が当たる場所は防水材が早く傷み(施工がきちんと行われていなければもっと早く傷みます)雨が降るたびに雨漏りしていれば、雨は徐々に奥に入っていきます。防水材は、雨を防ぎますが、破られるとどんどん入っていくのです。
         
簡単に施工できて安価工法で、とりあえず漏らなければ人はすぐに採用しますが、日本の雨は短期間に風を伴い、たくさん降ります。防水材の劣化により針のような穴があいたところに大量の雨が短期間に集中すれば、雨漏りになるのです。


雨漏りのコラム第二部は、後日掲載します。大工が作ってきた頃の家と最近の家を比較し、安価で簡単に防水できるシーリング材のない頃の職人の知恵と工夫を中心に雨漏りしにくい家について書く予定です。

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
桂離宮を訪ねて②~表門と桂垣
イメージ

案内の人の誘導で、外へ、御幸道の橋の前で見学についての説明がありました。・所要時間は約1時間・写真OK...

[ 四方山話 ]

桂離宮を訪ねて①~写真OK
イメージ

2月の終わり、念願の桂離宮の見学に行ってきました。予約しないと入れないので、一ヶ月以上前に往復はがきで申し込...

[ 四方山話 ]

瑕疵保険(かしほけん)はどうなった?④~見ザル、聞かザル、言わザルの現場
イメージ

①に書いたA邸の記事を読めば、A邸の欠陥は相当ひどいことになりますが、家の工事は、数日でできるものではありませ...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

瑕疵保険(かしほけん)はどうなった?③~瑕疵保証の頃は…
イメージ

瑕疵保険は2005年の耐震偽装事件がキッカケで制定されましたが、それまでに同じような仕組みがありました。似たよ...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

瑕疵保険(かしほけん)はどうなった?②~瑕疵保険は付保されていたらしい
イメージ

瑕疵保険とは、新築してから10年間、構造上主要な部分と雨漏りについて、瑕疵(欠陥)を保証する保険です。瑕疵が...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ