コラム

 公開日: 2014-09-17 

「新耐震住宅でも倒壊の恐れ8割」の記事より~なぜ倒れない家を調査しないのか?②

阪神・淡路大震災時には、「倒れない家」もありました。なかでも神戸市東難区の天王寺谷棟梁が建てた家は、169棟中倒壊は”0”です。しかもあの倒れた阪神高速の脇に40棟も建っていたのです。とても偶然とは思えません。1995年当時、天王寺棟梁が建てた家は築30~40年が多く、ほとんど1981年以前の建築基準法です。

地震に強い、倒れない木造住宅とは○○年の建築基準法を満たしている家だけではないのだと思います。もしかしたら、天王寺谷棟梁の建てた家を現行の基準で判断したら、耐震評点が1.0未満「倒壊する」となるのではないでしょうか。いつも倒れた家のことは記事になりますが、倒れなかった家は記事になりません。倒れなかった家を詳しく調べ、その内容を公開する必要があると私は思います。

国交省の建築指導課は、1981年以前の旧耐震住宅の耐震化を優先して進めていますが、現実には2000年以前の住宅にも耐震化を推進すべきだと思います。大阪市は、1981~2000年の建設された木造住宅に120万円の補助を出して耐震化を進めています。

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
震度について②~震度とは
イメージ

今回は震度の歴史です。震度は明治17年(1884年)に気象庁が4段階で決めました。その後、明治31年(1898...

[ 地震 ]

震度について①~TVのコマーシャルから
イメージ

9月頃、テレビを見ていたらある会社のコマーシャルを見て 「えー...

[ 地震 ]

続 聴竹居を訪ねて⑩~TV放映を見て
イメージ

このコラムをほぼ書き終えた頃、8月19日にTV番組で「聴竹居」が取り上げられていました。やはり、重要文化財に指定...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて⑨~視線
イメージ

このコラムは前回の最後の続きです。今回はゆっくり見ることができたので、藤井厚二が人の視線をどのように考えて...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて⑧~真壁の美しさ
イメージ

聴竹居を見ていると改めて真壁の良さを感じました。真壁とは柱を出した壁、柱が見えない壁は大壁と言います。...

[ 四方山話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ