コラム

 公開日: 2014-10-13  最終更新日: 2014-10-31

孤篷庵(こほうあん)を訪ねて3~忘筌-西向きの茶席

これが茶室か?
広い・・・床の間を含めて10帖ある。ほとんど座敷だ。長押もある、天井も高い。
庭を見ると、何度も写真で見た紙障子とその下には燈篭と蹲(つくばい)。障子のためにどうしても視線はその下の小さな庭に目がいく。中から見ると切り取った絵葉書のような小さな庭が見えるだけ・・・。
今まで孤篷庵と言えば忘筌。何度も写真で見ていた光景ですが、小さい庭に対して、部屋はこんなに広い。赤い庭に続き、ビックリすることばかり。
孤篷庵③
この障子の下が躙り口(にじりぐち)でここから客が入ってくると説明がある。
躙り口といえば、“人ひとりがやっと入れる入り口”としか頭にないため、大きな躙り口にビックリ。しかもこの忘筌、西向きにつくられている。西日をさえぎり、頭を下げて入る大きな躙り口に大きな茶席、そして小さな庭。しかも、その小さな庭から客が入ってくるとは…。


案内の説明は続き、障子の下から入った西日は上がり框(式台)の板に当り、その光は胡粉で白く塗られた天井(今は、剥がれているが)にあたるという。壁も鴨居より上は白漆喰で塗られて部屋が明るくなるように設計されている。電灯のない時代、大きな部屋が暗くならないようにと遠州の工夫が感じられる。

千利休は限りなく茶席を小さくしたため、茶室と言えば狭く薄暗い、手足を伸ばせば壁に当たるような空間と思っていたが、この忘筌、明るく気軽にお茶を飲む、楽しむようにつくられている。見る部屋すべていい意味で裏切ってくれる。


”もっとゆっくり見たい!”と思っていると次へと追い立てられ直入軒へ

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
聴竹居、重要文化財に②~これからの家は聴竹居のように持つのだろうか
イメージ

前回、聴竹居が重要文化財に選ばれた理由をあれこれと私なりに書きましたが、一番大事なことはコラム「聴竹居を訪...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

聴竹居、重要文化財に①
イメージ

5月19日に以前コラムで書いた聴竹居が重要文化財になることが決定されるという新聞記事がありました。国の行...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

桂離宮を訪ねて⑧~真の飛石
イメージ

月波楼から中門へ、これでちょうど池の一周、約1時間かけて周ってきました。門の前にくの字型に方形の石が、そこ...

[ 四方山話 ]

桂離宮を訪ねて⑦~月波楼へ
イメージ

笑意軒から新御殿へ向かうとき、池越しに笑意軒を見ると敷地の先端に小さな箱が、あれも燈籠かと望遠で写真を一枚...

[ 四方山話 ]

桂離宮を訪ねて⑥~笑意軒の窓
イメージ

橋を渡り平地に出ると、右に新御殿、中書院、古書院が見えましたが、左に曲がり笑意軒へ向かいました。笑意軒の前...

[ 四方山話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ