コラム

 公開日: 2015-04-17 

続 つかさや工事日記3~トイレA 手洗器打合せ

現在のトイレの洗面台の上に段ボールを広げて説明しました。
私  「段ボールと紙で天板と手洗器を作ってみました。おそらくこれぐらいの感じになると思います。」
つかさや大将(以降、大将と省略)「・・・。」
私  「思ったよりも手洗器が大きいと思うのですが・・・。」
大将「うーん、ちょっと大きいなぁ。」

つかさやさんの希望は、半分埋め込む手洗器。そのタイプは、サイズが28cmと42cmしかありませんでした。28cmだと小さすぎるので42cmで検討されていましたが、実際の大きさを見てみるとやはり大きいようです。


私  「埋込タイプはありませんが、一つ下の36cmはどうですか?サイズはその方がいいと思いますよ。」
大将「うーん。そうだな、一つ下にした方がいいかな。」

つかさやさんの希望の大きさと形がなかなかなく、悩まれましたが、直径36cmの手洗器と手洗器に合せて背の高い水栓に決められました。

私  「もう一つ、決めて頂きたいことがあります。手洗器の位置ですが、中央にすると両そでに30cm程の
    スペースができます。手洗器を左右どちらかに寄せると、片側が広くとれます。例えば、女性の方が
    バックを置くことを考えると右か左どちらかを広くとるほうが良いかなと思うのですが・・・。」
大将「そうだね。便器と反対側を広くとろう。」
つかさや②-3
ということで、カウンターの左から40cmほど開けて手洗器を設置し、手洗器の右隣に手拭用のペーパーが置けるように位置を決めました。


大将「ところで、天板の下の配管は見えないようにできるかな。できれば、今と同じように扉を付けて欲しい
    し。」

トイレAのみ土足で入るので、床は土間です。トイレのドアを開けると正面に手洗器があるので、配管が
見えるのが気になるようです。

私  「土間に水を流します?水を流すと木製のドアでは今のように傷んでしまいます。」
大将「土間に水は流さないつもりだよ。でも、掃除道具をしまう場所が欲しいから天板の下は収納にして
    欲しい」
私  「では、天板の下に扉を付け、収納にしましょう。床が平だと戸の裏にホコリがたまってしまいます
    から、扉の裏でタイルを一段上げて戸当たりとホコリが入りにくくするのはどうでしょう?」
大将「それでお願いします!」


次回は、「続 つかさや工事日記4~トイレA 着工」です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
聴竹居を訪ねて⑥~縁側
イメージ

次に案内されたのは外から見ていた縁側です。巾もありますが奥行きもたっぷり(後で図面の畳の大きさから8畳ぐらい...

[ 四方山話 ]

聴竹居を訪ねて⑤~客室
イメージ

今回が④に入った客室の話です。玄関から見た時には初めにベンチが目に入るのですが、中に入ると洋間なのに左側に...

[ 四方山話 ]

聴竹居を訪ねて④~居間中心の家
イメージ

玄関で靴をビニール袋に入れ、客室に入りました。その時に気づいたのですが、この家は敷居の高さが床と同じ、つま...

[ 四方山話 ]

聴竹居を訪ねて③~聴竹居とは
イメージ

聴竹居は日本初の環境共生住宅と言われています。藤井厚二は日本で快適に暮らすことを考えて実験住宅を造りました...

[ 四方山話 ]

聴竹居を訪ねて②~東南に面した縁側
イメージ

「時間まで、庭の紅葉でも眺めていてください。」と言われたので、庭の方へ廻りました。置かれたベンチに座って待...

[ 四方山話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ