コラム

 公開日: 2015-05-12 

WB工法を採用して10年 その3~1998年 ダイライトの発売

1998年、(株)大建工業から無機質耐力面材ダイライトが発売されました。
ダイライトは合板並の強度で火にも強く、シロアリに食われない無機質素材です。しかも透湿抵抗は低い(合板と違い、湿気は通過する)ため、合板のように湿気をため込んで強度が下がることがない材料でした。

このダイライトを外から張って耐力壁とすれば、筋交いの時のように断熱材を三角にカットしないで厚みの厚い断熱材を充填することができ、透湿抵抗が低いことで結露しやすい高湿な空気が壁の中に入っても、外気が乾燥していれば外に排出されます。壁の中で結露する可能性は少なくなります。
WB3
“この材料なら厚い断熱材を入れても、耐震性能はクリアできる!!”
私は、発売と同時にダイライトを採用することを決めました。

耐震性能はクリアできましたが、もう一つの悩みの断熱性能が残っています。ダイライトを採用してからは、厚み100㎜の繊維系断熱材を使っていました。断熱材を水平にカットすれば充填することができるのですが、フワフワした100㎜の繊維系断熱材を現場でカットする精度は難しい事も感じました。カッターナイフで切るのですが、今までのような50mmの断熱材に比べ100㎜の厚みを真っ直ぐに切ることは難しく、施工性が良いとは思えません。そして、繊維系断熱材には、逆転結露の心配もあるからです。

次回は、『WB工法を採用して10年 その4~余談 内部結露と逆転結露』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
片流れ屋根の家が増える理由⑨~パラペット屋根の雨漏り
イメージ

⑤に書いたパラペットのある片流れの屋根は、数十年経つと必ず傷んで雨漏りになる場所があります。下の絵を見て...

[ 片流れ屋根の家 ]

軒のない家が増える理由⑧~片流れ屋根の家は水上も大事
イメージ

片流れの家は雨が一方向に流れるため、前回書いたように水下に雨が集中し、雨漏りしやすくなると考えられますが、...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑦~デメリットその2 雨の量
イメージ

今回はデメリットその2です。片流れの家は雨が一方向に流れるため、勾配が同じで、面積が同じならば切妻屋根に...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑥~勾配がキツイ屋根の作り方について
イメージ

今回は前回書いた勾配がきつい場合の作り方についての私の疑問です。通常、屋根は下の絵のように作ります。三...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑤~デメリットその1 バランスが悪い
イメージ

前回まで最近見る片流れ屋根の3つのタイプについて書きました。今回からはそのデメリットです。まず、何より...

[ 片流れ屋根の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ