コラム

 公開日: 2015-05-19 

WB工法を採用して10年 その5~余談② 逆転結露

高気密高断熱の家がつくられるようになった頃、透湿防水シートが使われるようになりました。
透湿防水シートとは、その名の通り水は通さないが湿気(空気中の水蒸気)は通す便利な材料です。
このシートを張れば、雨は入ってこないため、外壁に通気層をつくっておけば、壁の中に入ってきた水蒸気はシートを通って排出されるので、内部結露しにくくなるのです。しかし、透湿防水シートは万能ではありません。
”湿気”は通すからです。

寒い地域だけでなく、省エネのために暖かい地方でも性能のよい断熱材を入れ、夏は冷房をいれて室内を低温低湿にして快適に過ごすようになりました。日本の夏は高温多湿、外気の温度湿度共に高い気候です。冷房を入れた室内の空気は、外気より低温低湿となったのです。
WB5-1
空気中の水蒸気が外壁の通気層から壁の中に侵入し(湿気は透湿防水シートは防ぐことができないから)、冷房の効いた冷たい内壁(内壁側には防湿シートがあるため水蒸気は内壁を通過できない)にあたると結露することがあります。これを逆転結露を言います。逆転結露は、暖かい地方の高断熱の家に起きやすい現象です。

このように、省エネのために高性能な断熱材を使用すると外と内の温度差が大きくなり、結露する可能性が増します。



次回は、『WB工法を採用して10年 その6 ~高気密高断熱の疑問』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
片流れ屋根の家が増える理由①~増える片流れの家
イメージ

下の絵のように屋根の形は、切妻(きりつま)、寄棟(よせむね)、片流れ、陸、ドームなどたくさんありますが、木造や...

[ 片流れ屋根の家 ]

聴竹居、重要文化財に②~これからの家は聴竹居のように持つのだろうか
イメージ

前回、聴竹居が重要文化財に選ばれた理由をあれこれと私なりに書きましたが、一番大事なことはコラム「聴竹居を訪...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

聴竹居、重要文化財に①
イメージ

5月19日に以前コラムで書いた聴竹居が重要文化財になることが決定されるという新聞記事がありました。国の行...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

桂離宮を訪ねて⑧~真の飛石
イメージ

月波楼から中門へ、これでちょうど池の一周、約1時間かけて周ってきました。門の前にくの字型に方形の石が、そこ...

[ 四方山話 ]

桂離宮を訪ねて⑦~月波楼へ
イメージ

笑意軒から新御殿へ向かうとき、池越しに笑意軒を見ると敷地の先端に小さな箱が、あれも燈籠かと望遠で写真を一枚...

[ 四方山話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ