コラム

 公開日: 2015-06-19 

WB工法を採用して10年 その14~WB工法の家、お施主さんの感想集

私の工務店で建てたWB工法の住まいに住まわれた方々の感想です。
もちろん、この感想は私が聞いた話をまとめたものです。WB工法が機械を使って温度調節していない
ので、その家の条件(例えば、日の当たり方)によって、また、住んでいる人の感じ方で異なります。

夏と冬の住み心地は、みなさん以下の様です。
【冬】 ・天気さえ良ければ、暖房はほとんど必要ありません。
    雨や曇りの日にはエアコンの暖房を2~3時間程回すだけで夜も十分暖かい。

【夏】 ・室温が30度超えることがあっても、湿度が60%~63%程にしかないためそれほど暑くない。
    (もちろん日中は窓を開けない。窓は、朝と夕方に空気の入れ替えのため開けるだけです)

他の感想としては
・よく寝ることができる
・ニオイが残らない(カレーのニオイが気にならなかった)
・活けた花が長持ちする
・犬が室内で、いびきをかいて寝ている 
などです。

ほとんどのお客さまが、よく寝ることができると言います。ただ、なぜそうなるのか理由はよく分りませんし、みなさん何となく良いと言われます。WB工法は空気が動くことで、いつも新鮮な空気が吸うからではないかと私は思っています。そんなニオイのエピソードがカレーのニオイの他にもう一つ、7年前に建てたお客様(Dさん)の話です。

Dさん家族は、お子さんの小学校入学に合わせて3月に引っ越しをされました。お子さんのお友達の家も
同じ時期に新築されたようですが、当時小学一年生だった子供たちが「あっちの家は変なニオイがする
からD君の家に行こう。」と言って友達みんなが、Dさんの家に集まったのだそうです。
WB工法の家は、空気が動くことで完成して数週間で新築住宅のニオイがなくなっていたのです。
WB12

次回は、『WB工法を採用して10年 その15~造っている私の感想』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
続 聴竹居を訪ねて④~三つの空気の流れその3
イメージ

聴竹居には、②と③までに書いた室内の空気の流れとは別に室内には入らない空気の流れがあります。それは12カ所の床...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて③~三つの空気の流れその2
イメージ

聴竹居にはもう一つの空気の流れがあります。コラム「聴竹居を訪ねて②」に書いた西の崖下から土管を通って居間へ入...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて②~三つの空気の流れその1
イメージ

藤井厚二は気温、湿度などを調べて、日本では夏に快適に過ごすことが住宅に重要だと考え、そのために風をコントロ...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて①~今度はゆっくりと
イメージ

前回は人が多すぎてゆっくり見ることができませんでした。帰りがけに「今度は予約してきてください。」と言われた...

[ 四方山話 ]

軒のない屋根の家⑩~構造的な話
イメージ

前回まで軒のない家と雨漏りに関してだけを書いてきましたが、今回は話が変わり構造に関することです。軒が出...

[ 軒のない家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ