コラム

 公開日: 2015-09-22 

木造にこだわる理由13~調湿するからいい

日本の夏は、高温多湿でムシムシ、ベタベタします。空気の湿度が高いためですが、高温多湿の湿気を
吸湿し、乾燥してきたら放出する。室内の湿度を一定に保つ能力を調湿といいます。木も調湿能力があり、柱や壁、床に木材を張ると室内の湿度を一定に保ってくれます。

木材の主な成分は親水性のあるセルロース、ヘミロースです。木は、スポンジのように水分を吸って吐く
わけではなく、親水性があるため空気中の水分子を吸着、放出して調湿します。

木13

例えば、室内にある10.5㎝角のスギの柱一本には、ビール大瓶2.5本分(約1.5L)の水分が入っています。そのうち0.5~1本分が部屋の湿度に応じて出たり入ったりできます。但し、いくら木の柱や壁に木の板を張っても表面を塗装してしまうと調湿効果はなくなります。もちろん木の板のかわりに吸放湿しない壁紙を貼っても調湿性などありません。


次回は、『木造にこだわる理由14~まとめ』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
リフォームと耐震補強⑪~耐震補強工事は単独でしない方が得
イメージ

②の経験談では、浴室を中心としたリフォーム工事と合わせて耐震補強工事をしました。水回りは配管の効率をよくする...

[ 耐震補強 ]

リフォームと耐震補強⑩~外装の張り替えは耐震補強のチャンス
イメージ

外装材を張り替える工事の時は、耐震補強のチャンスです。外装をめくれば、柱や梁が丸見えですから補強金物も打て...

[ 耐震補強 ]

リフォームと耐震補強⑨~柱に金物を付ける理由
イメージ

前回、補強工事は主に壁の補強と書きましたが、壁は柱と梁、土台などで囲まれていますから、柱と梁や土台が離れれ...

[ 耐震補強 ]

リフォームと耐震補強⑧~耐震補強工事とは
イメージ

では実際に耐震補強工事はどんな工事なのでしょうか。補強工事に大きく分けて二種類あります。・掛かる地震力...

[ 耐震補強 ]

リフォームと耐震補強⑦~家を倒すのはヨコの力
イメージ

②の経験談の内容でも「耐震補強とは壁の補強をする事」のように書いていますが、その理由は家を倒すのはヨコの力だ...

[ 耐震補強 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ