コラム

 公開日: 2015-09-15 

木造にこだわる理由11~熱を伝えにくい

木に触っても冷たく感じませんが、鉄などの金属は触ると冷たく感じます。
これは皮膚の表面温度が低くなるためです。熱は高い方から低い方へ流れますが、その速さが早いほどつめたく感じます。この熱の伝わりやすさを熱伝導率で表しますが、数字が大きいほど熱を伝えやすく、
小さいほど伝えにくいことになります。

その速さは水を1.0とした場合、空気0.04、木材0.4、ガラス1.4、コンクリート2.4、花崗岩6.6、鉄106となります。木材に対して鉄は26倍、コンクリートは6倍のスピードで熱を伝えます。熱を伝えにくいということは、
断熱性があることになります。木材の熱伝導率が低い理由は、簡単に言うとストローを束ねたような構造になっているため、熱が伝わりにくいからです。
(下の針葉樹の写真参照。針葉樹は90%以上、仮道管でできています。)
木11


コンクリートは、温まりにくく冷めにくい材料で、一度温まれば持続時間は長く続きます。
コンクリートの建物は、24時間使用するような建物や気候が厳しく年中暖房が必要な場合には非常に有効ですが、日本のように気候が複雑で、暖冷房を入れたり入れなかったりする気候には不向きです。逆に鉄は、熱伝導率が高く、温まり易く冷たくなりやすいため、柱の外側に断熱材を張り、家をすっぽりと断熱材で囲わなければなりません。木やコンクリートと違い、鉄骨は□とかH型、C型などの部材を使います。
鉄骨造では、隙間なく断熱工事をすることは大変難しくなります。

建築の構造材としては、木造住宅は構造材の木そのものに断熱性があることになります。柱の間に断熱材を入れても断熱工事ができますが、コンクリートや鉄の住宅では、そのような事は出来ないのです。

次回は、『木造にこだわる理由12~触ってもいい』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
震度について②~震度とは
イメージ

今回は震度の歴史です。震度は明治17年(1884年)に気象庁が4段階で決めました。その後、明治31年(1898...

[ 地震 ]

震度について①~TVのコマーシャルから
イメージ

9月頃、テレビを見ていたらある会社のコマーシャルを見て 「えー...

[ 地震 ]

続 聴竹居を訪ねて⑩~TV放映を見て
イメージ

このコラムをほぼ書き終えた頃、8月19日にTV番組で「聴竹居」が取り上げられていました。やはり、重要文化財に指定...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて⑨~視線
イメージ

このコラムは前回の最後の続きです。今回はゆっくり見ることができたので、藤井厚二が人の視線をどのように考えて...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて⑧~真壁の美しさ
イメージ

聴竹居を見ていると改めて真壁の良さを感じました。真壁とは柱を出した壁、柱が見えない壁は大壁と言います。...

[ 四方山話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ