コラム

 公開日: 2016-01-29 

調湿7~昔の日本の家(結露2参照)

昔の日本の家は、柱や梁などは本物の木、壁は土壁、床は板かタタミ、建具も木で作った紙障子や襖、板戸でした。木、土、紙、草などが材料でしたから空気中の水蒸気が多い時は吸収し、乾燥してくると放出できます。内装の仕上げ材も柱などの構造材も家を作っているすべての材料に水蒸気を吸収し放出する能力があり、絶えず湿度を調節していました。

調湿2

もちろん、昔の家は夏向きの家で冬の寒さには住む人がただ耐えるしかありませんでした。
夏が高温多湿で蒸し暑いため、屋根を大きくして直射日光を防ぎ調湿能力のある材料と引き戸で湿度を調整する夏対策を優先したのです。
冬のことを考えれば、倉のように壁を厚く開口部を小さくすれば寒さを防ぐことができるのですが、現代のように便利なエアコンや電気もない時代に暗く、風通しの悪い家では夏を過ごすことが出来なかったのです。冬は、家全体を暖めるのではなく、コタツのように使っている人だけを温めるモノで過ごしたのです。

次回は「調湿8~引戸で調節」です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
リフォームの見積り⑤~経験談その2 私の相見積り内容
イメージ

前回の続きです。私が見積りと図面を持って内容について説明しました。工事の内容を順に説明していったのです...

[ 見積り ]

リフォームの見積り④~経験談その1 3業者の見積もり
イメージ

数年前に、築40年の家の水回り(台所、浴室、トイレ、洗面)全部のリフォーム工事の依頼がありました。相見積の業...

[ 見積り ]

リフォームの見積り③~見積りの2倍のリフォーム工事
イメージ

前回の新聞記事を見た人は、見積りの2倍以上なんてあり得ないと思うかもしれませんが、私はそうは思いません。なぜ...

[ 見積り ]

リフォームの見積り②~中日新聞の「TVのリフォーム番組の記事」から
イメージ

 2016年7月26日の中日新聞にTVのリフォーム番組で工事費をもらえなかったことで愛知県の業者が番組制作の会社に...

[ 見積り ]

リフォームの見積り①~新築との違い
イメージ

「リフォームの方が難しい」に書きましたように、現状把握が一番初めの作業になるリフォーム工事は、新築と全く違...

[ 見積り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ