コラム

 公開日: 2016-02-02 

調湿8~引戸(ひきど)で調節

昔の日本の家は、大きな引戸を使って水蒸気を排出しました。雨が降り室内の湿度が上がると壁や柱などが水蒸気を吸い、雨が止み外気の湿度が下がれば引戸を開けて風を通し、壁や柱などが吸収した水蒸気を一気に乾かしていたのです。

引戸は簡単に開けて風を通して湿気を出すことができ、また、戸の開け方によってその量を調節することができます。少し開ければ少し空気を通し、全開すればたくさんの空気を通すことができるため、通気量を調節するのに適しているのです。引戸は蒸し暑い日本の夏に適した建具といえます。

引戸が大きな開口部をつくることが出来る理由は、戸が溝やレールの上を滑らせて使用するからです。吊り戸のような特殊な戸でない限り、引戸以外の戸では戸の重さが大きくなり、力がないと動かすことが出来ません。

調湿3

現代の家は、昔に比べ引戸が減りました。上げ下げ、開き戸などは操作も難しく、開く面積は引き戸のように簡単に調節ができません。大きな戸では重たくなってしまいますから、このような戸は風を大量に通すことも通す量を調整することにも適していないのです。

次回は「調湿9~最近の日本の家」です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
冬向きの家③~UA値0.87とは
イメージ

コラム①に書いた0.87とは断熱性能を判断するため、平成25年から施行された外皮計算という計算で出す基準です。...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家②~週間文春の記事から2
イメージ

今回のコラムは前回の続きです。前回の記事の後、コメントをしていた方が実際に断熱工事をしたことが書かれてい...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家①~週間文春の記事から
イメージ

週刊文春10月5日号にこんな記事がありました。「暖かい家は寿命を伸ばす」というタイトルでした。記事の内容...

[ 冬向きの家 ]

震度について⑦~強度を保たないと
イメージ

TVのコマーシャルのような実物大の建物を振動台で揺らせば、地震に強いか判断材料にはなります。大きな会社では過...

[ 地震 ]

震度について⑥~周期のこと
イメージ

に震度の決定には加速度の他に周期と継続時間が関わっていると書きました。今回はその周期に関することです。...

[ 地震 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ