コラム

 公開日: 2016-02-05 

調湿9~最近の日本の家

最近のほとんどの家の内装は、床は合板、壁、天井はビニル壁紙になりました。内装だけでなく柱や梁などの構造材も本物の木ではなく集成材という小さな木材を接着したモノです。また、外はアルミサッシを使い、室内建具も本物の木のようにプリントしたシールが張ったモノを使用しています。床下、天井裏、壁の中に断熱材を入れ、窓を小さくして熱が外から入らないようにしたため、外と内は全く違う温度と湿度にできるようになっています。

また、間取りも部屋を大きな引戸で仕切るようにしないため、昔の家のように風を通して家の隅々まで乾燥するようになっていません。昔の家が夏向きなら今の家は冬向きの家となり、これでは夏は暑くて生活できないので、エアコンなどの機械を使って心地よい室内にしています。夏も冬も内と外とは全く違う温度と湿度にしています。

現代の家は昔の日本の家とかけ離れた作り方になりました。3に書いたように部屋の温度を保つため、国は使用する断熱材の性能と気密(断熱性能を上げるために隙間をなくして家の中の空気が漏れないようにすること)のことばかり決めていますが、湿度については問われていません。

調湿9

気密性が良くなれば水蒸気は外から入ってこなくなりますが、同時に家の中の水蒸気は出ていくことができなくなり、これではもしも室内で発生する水蒸気が多ければ室内のどこかで結露するかもしれません。

次回は「調湿10~室内で発生する水蒸気」です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
片流れ屋根の家が増える理由①~増える片流れの家
イメージ

下の絵のように屋根の形は、切妻(きりつま)、寄棟(よせむね)、片流れ、陸、ドームなどたくさんありますが、木造や...

[ 片流れ屋根の家 ]

聴竹居、重要文化財に②~これからの家は聴竹居のように持つのだろうか
イメージ

前回、聴竹居が重要文化財に選ばれた理由をあれこれと私なりに書きましたが、一番大事なことはコラム「聴竹居を訪...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

聴竹居、重要文化財に①
イメージ

5月19日に以前コラムで書いた聴竹居が重要文化財になることが決定されるという新聞記事がありました。国の行...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

桂離宮を訪ねて⑧~真の飛石
イメージ

月波楼から中門へ、これでちょうど池の一周、約1時間かけて周ってきました。門の前にくの字型に方形の石が、そこ...

[ 四方山話 ]

桂離宮を訪ねて⑦~月波楼へ
イメージ

笑意軒から新御殿へ向かうとき、池越しに笑意軒を見ると敷地の先端に小さな箱が、あれも燈籠かと望遠で写真を一枚...

[ 四方山話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ