コラム

 公開日: 2015-12-04 

結露⑭~これからの住まいは内部結露との戦い

省エネが住宅の性能として要求されるようになったのは2000年頃からではないでしょうか。
その頃から断熱性能が問われるようになり、今年、その基準がまた引き上げられました。
これからはもっと性能のいい断熱材を使用することになります。

性能がいい断熱材を使用するほど、外気と室内(床下や壁の中、天井裏)の温度と湿度が大きくなり、
ますます内部結露(逆転結露)する可能性が高くなります。
結露⑭
これからの住まいで一番大事なことは内部結露対策だと私は思っています。
断熱材の性能が上がり、家の中や各室では温度差は少なくなれば表面結露は減るとおもいますが、それは同じ温度湿度の空気をたくさん家の中にため込んでいることになります。
家全体が同じ温度湿度になり外気との差が大きくなれば、表面結露しないだけ内部結露する確率はますます高くなることになります。もしも内部結露した場合、構造体を傷めるだけでなく、湿気で断熱性能も下がり、住宅の性能は大きく低下します。

次回は、『結露⑮~内部結露を防ぐ方法1』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
木造住宅の寿命について③~日本は災害が多い
イメージ

②に書いたように、国の資料はとかく欧米の国と比べて日本は△×などと書きますが、住宅の寿命はエネルギー使用量やゴ...

[ 住宅の寿命 ]

木造住宅の寿命について②~寿命が30年は本当か?
イメージ

もうかなり前から日本の木造住宅の寿命は27年とか30年未満とか言われています。国土交通省の平成18年の「住...

[ 住宅の寿命 ]

木造住宅の寿命について①~耐震診断の経験から
イメージ

10年ほど前から、市の耐震無料診断をしています。市民から依頼を受け、市役所を経由して依頼者の家の耐震診断をす...

[ 住宅の寿命 ]

冬向きの家⑬~日本的な断熱方法は
イメージ

日本には程度の差はありますが、四季があります。今までの日本の家が夏にいかに快適に暮らすかを考えた「夏向きの...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家⑫~「聴竹居」から考えて
イメージ

今年、コラムで「聴竹居」について2回書きました(重文の記事も入れると3回です)。聴竹居に興味を持ったのは、コ...

[ 冬向きの家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ