コラム

 公開日: 2015-12-29 

横浜マンション傾斜の記事から2~書類の作成よりも大事な事

10月のニュースからずっと新聞やTVを見ていますが、初めはA建材の社長が杭工事の担当者に悪意を感じると個人に理由があると言い、たくさんのデータの偽装が出てきてからはその担当者の話はなくなりA建材全体の問題になり、データ偽装がたくさん報道されると他の杭施工業者へと話は変わりました。肝心の傾斜しているマンションからどんどん話が離れていき、今では業界の問題になっています。

私も昔、現場監督をしていましたが、杭工事も毎日、工事中に見に行きました。当たり前のことと教えられましたが、最近は何でも下請けに工事させて報告書を作らせる、元請けの会社は、チェックするだけのようです。元請けが確認しない、重層下請構造が一番問題なのではないでしょうか。

横浜M2

分業して効率よく工事していいモノを作る。報告書などの書類を作り、工事の施工をチェックしているとしているようですが、偽造がある書類をチェックする時間があるのなら、現場に行って見ることの方が大事ではないでしょうか?報告書の作成よりも、もっと大事な事は「ちゃんと施工している」かだと思いますから…。

今年のコラムはこれで終わりです。
今年、私のブログを読んでいただいた方々に2016年は良いことがたくさんありますように。

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家の老化⑪~調湿能力がない材料は
イメージ

⑥~⑩に現在の家の材料を②~⑤までに昔の材料のことを書きました。決定的に違うことは、昔の材料は土も木も元々は水...

[ 家の老化 ]

家の老化⑩~水が鍵2
イメージ

前回は内装材でしたが、今回は外装材の話です。コラム「10年で塗装しないといけない家」に書いたように外壁の...

[ 家の老化 ]

家の老化⑨~水が鍵
イメージ

接着剤を使って作られた材料にとって最大の敵は温度と湿度(水)だと思います。合板や集成材は木を貼り合わせてい...

[ 家の老化 ]

家の老化⑧~接着剤について
イメージ

ずいぶん前に接着剤の本を読みました。その本には接着剤の強度、耐久性というのはよく分からないと書いてあり...

[ 家の老化 ]

家の老化⑦~現代の材料に共通していること
イメージ

前回書いた材料の説明です。合板は薄い板を何層(大抵3層)か貼り合わせ一枚の大きな材料にしたもの、プラスター...

[ 家の老化 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ