コラム

 公開日: 2016-04-29  最終更新日: 2016-05-09

集成材の疑問⑩~集成材は木材よりも水に弱い?

日本の和室は柱をそのまま見せる作り方です。こうしておくと柱は常に空気に触れていて、湿っても乾きやすく、また、傷んでも見えるため早く対処できます。木材を傷めるのは白アリなどの虫害や湿気などによる菌類ですが、いずれも木材が乾燥していれば大丈夫です。

それに比べ現在の家では柱は見えません。ボードなどで囲って壁の中にはいっているからです。仮に内部結露(コラム;結露⑩ 参照)などで傷んでいても分からないことになります。

集成材が湿度の高いところにあれば、接着層に沿って水が入って行き材料を貫通してしまいます。本物の木材も同じではと思われるかもしれませんが、本物の木材の場合は成長する時に同心円で成長していくため、集成材のように接着層に沿って貫通するようにはならないのです。

実際、私の体験でシロアリの被害を受けたヒノキの柱などを見ても、中心まで傷んでいることはほとんどありません。土の中に埋まっているなど相当条件が悪くないと起きないことです。

集成材も一片一片は本物の木ですから、条件さえそろえばシロアリや腐朽菌の被害をうけるはず、もしも被害を受ければ本物の木よりも深刻になり、木材よりも強度低下につながる可能性があると思います。


集成材10

次回は「集成材の疑問⑪~接着剤は大丈夫なのか」です

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
片流れ屋根の家が増える理由⑨~パラペット屋根の雨漏り
イメージ

⑤に書いたパラペットのある片流れの屋根は、数十年経つと必ず傷んで雨漏りになる場所があります。下の絵を見て...

[ 片流れ屋根の家 ]

軒のない家が増える理由⑧~片流れ屋根の家は水上も大事
イメージ

片流れの家は雨が一方向に流れるため、前回書いたように水下に雨が集中し、雨漏りしやすくなると考えられますが、...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑦~デメリットその2 雨の量
イメージ

今回はデメリットその2です。片流れの家は雨が一方向に流れるため、勾配が同じで、面積が同じならば切妻屋根に...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑥~勾配がキツイ屋根の作り方について
イメージ

今回は前回書いた勾配がきつい場合の作り方についての私の疑問です。通常、屋根は下の絵のように作ります。三...

[ 片流れ屋根の家 ]

片流れ屋根の家が増える理由⑤~デメリットその1 バランスが悪い
イメージ

前回まで最近見る片流れ屋根の3つのタイプについて書きました。今回からはそのデメリットです。まず、何より...

[ 片流れ屋根の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ