コラム

 公開日: 2016-05-10 

集成材の疑問⑫~失われた木材の良さ

コラム「木造にこだわる理由」に木と人の五感について書きました(コラム;木造にこだわる理由 参照)。

目~木目の美しさ、f分の1の揺らぎ
鼻~香りによる鎮静作用
触感~さわったときの何ともいえない暖かみと堅すぎない感触   
などです。

残念ながら集成材にはこのような木の良さはありません。見た目は積み木かブロックみたい、香りも弱く、さわった感じも木としての暖かさはあっても、継ぎ目を触れば良い感触ではありません。また、本物の木材が、年月が経つと徐々に色が変わり、年数を経てでてくる味わいもつぎはぎでは半減です。

集成材には木材の持っている生物材料としての良さほとんどないのです。接着剤で作られた人工材料に本物の木の良さを期待することがおかしいのかもしれませんが、強度と寸法精度だけを優先し、生物材料としての良さを捨ててしまったのが集成材で作った木造住宅(?)なのです。

集成材⑫

次回は「集成材の疑問⑬~たくさんある日本の木材資源」です

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
軒のない屋根の家④~軒のある家は傘、軒のない家は合羽
イメージ

今回はたとえ話です。軒のない家は、雨合羽を着ている家、軒のある屋根は傘を差している家とたとえられます。...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家③~軒がない家の雨のかかり方
イメージ

軒がない屋根でも雨が漏らない理由は、コラム「築30年で初めて漏った家⑤」(コラム;築30年で初めて漏った家⑤ 参照...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家②~軒のある家の雨のかかり方
イメージ

コラム「築30年で初めて漏った家」に書いたように、30年間雨が一度も漏らなかった家は、軒も庇もある家でした。...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家①~軒がないとは
イメージ

このブログは「片流れ屋根の家が増える理由」の続編です。また、雨漏りについての内容が多いため、コラム「雨漏り...

[ 軒のない家 ]

点検商法の記事から②~個人と公共の境
イメージ

このコラムが多くの人に(特に高齢者に)読まれると良いと願いますが、個人の敷地内の下水桝は水道局の管轄外です。...

[ 訪問販売リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ