コラム

 公開日: 2016-05-13 

集成材の疑問⑬~たくさんある日本の木材資源

日本は、国土の約70%が森林で、その内約40%が植林された山(人工林)です。戦後植林した木は切る時期に来ています。

戦後植林された木は、建築材料などの利用を考えたために針葉樹の杉や桧が多く、針葉樹は根が下へ伸びて横(水平)に伸びないため山の保水性が落ち、大雨で山が崩れる原因にもなっています。

植林した山でなく自然の山は広葉樹の中に針葉樹が生えていて、広葉樹は根を横に張るため、大雨による土砂崩れなどの被害が起きにくいのです。

ですから、日本ではお金を掛けてわざわざ寿命の長い木材を小さくして集成材を作る理由はなく、まして安いからといって外材を使った集成材など使う理由はないのです。

それよりも、山から木を切って使い、植林した方が林業も盛んになり、山が荒れないで大雨による被害も少なくなります。

集成材⑬

次回は「集成材の疑問⑭~集成材が普及した理由」です

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
木造住宅の寿命について④~耐震基準の改正
イメージ

日本の耐震基準は、昭和25年に建築基準法が制定されてから大きな地震が起きる度に改正されました。①に書いたように...

[ 住宅の寿命 ]

木造住宅の寿命について③~日本は災害が多い
イメージ

②に書いたように、国の資料はとかく欧米の国と比べて日本は△×などと書きますが、住宅の寿命はエネルギー使用量やゴ...

[ 住宅の寿命 ]

木造住宅の寿命について②~寿命が30年は本当か?
イメージ

もうかなり前から日本の木造住宅の寿命は27年とか30年未満とか言われています。国土交通省の平成18年の「住...

[ 住宅の寿命 ]

木造住宅の寿命について①~耐震診断の経験から
イメージ

10年ほど前から、市の耐震無料診断をしています。市民から依頼を受け、市役所を経由して依頼者の家の耐震診断をす...

[ 住宅の寿命 ]

冬向きの家⑬~日本的な断熱方法は
イメージ

日本には程度の差はありますが、四季があります。今までの日本の家が夏にいかに快適に暮らすかを考えた「夏向きの...

[ 冬向きの家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ