コラム

 公開日: 2016-07-08 

金物工法の疑問⑨~時間が証明する

金物工法もちゃんと実験しているという方もいるでしょうが、実験をしたと言っても新品の状態で、何年も経って劣化や経年変化した状態でしたのではないのです。何十年と経った時に集成材も接合部の金物も新築時の性能があるのか誰にも分からないのです。

奈良の薬師寺の西塔を復興するときに、塔の構造計算する方法は決められていないため、1000年以上建っている東塔の通りでよいことになりました。計算よりも実際に1000年以上建っている実績が優先されたのです。

その建築物が地震などに強いかは時間が経たないと分りません。金物工法が正しいかは、何十年か経って台風や地震に耐え、それでもちゃんと建っていて初めて証明されます。工法の実績は、建てられた数ではなく時間が決めるのです。

「計算できる=安心、安全」とすると計算を満たすことが目的になり、他の事を考えなくなって現行の基準ぎりぎりに建てて全く余力のない家を建てても気に掛けないことを私は心配しています。

金物工法⑨

次回は「金物工法の疑問⑩~失われる技術者の経験」です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家の老化③~土壁の厚み
イメージ

前回の続きです。上塗りが乾くまで他の工事はできません。プラスチックのコンセントのプレートのような簡単なモ...

[ 家の老化 ]

家の老化②~昔の家は
イメージ

今回の内容は、コラム「結露②」(コラム;「「結露② 参照 )。と内容が一部かぶります。日本の住宅は、木と土...

[ 地震 ]

家の老化①~壁がボロボロ
イメージ

父の建てた築30年以上の家に行くとお客さんからよくこう言われます。「壁がボロボロ落ちきて掃除してもキリがな...

[ 家の老化 ]

リフォームと耐震補強⑫~耐震診断、補強計画してからリフォームの計画をすることが大事
イメージ

このコラムはお客さんから「耐震補強工事とリフォーム工事は別々の工事じゃないの?」と聞かれたことから作りまし...

[ 耐震補強 ]

リフォームと耐震補強⑪~耐震補強工事は単独でしない方が得
イメージ

②の経験談では、浴室を中心としたリフォーム工事と合わせて耐震補強工事をしました。水回りは配管の効率をよくする...

[ 耐震補強 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ