コラム

 公開日: 2016-09-30 

尺とメートル⑥~間とヤードがある理由

生活で使う長さは、人が使いやすいのが一番です。ですから長さの単位はそのためにあるべきです。

①に書いたように尺の下、寸、分、厘、毛と尺の10倍の長さ丈は10進法なのに、1尺の6倍の長さを1間としています。わざわざ10進法ではない6倍の1間を単位としているのは、その長さが生活に必要だから、あると便利だからです。1間(6尺)は日本人の男性の身長に近く、住宅の中では引き違いの戸の巾です。家を作るには1間と半間(3尺)は今でもなくてはならない寸法です。

同じように1インチは1フィートを12分の1にした数字だと思います。ところが、ヤードはフィートの12倍ではなく3倍を1ヤードにしているのは、1ヤードが1間と同じように生活に必要だからだと思います。

私が尺で図面を考えるのは、尺は人が生活する住宅の寸法として合っていると思っているからです。もしも、メートルの方が人に合っていたら、1958年の法律の改正とともにとっくに忘れ去られ、今は使われていないでしょう。すでに60年も経っているのですから。

メートルサイズで家を作っている業者がいますが、人の身体寸法を基準にしていない住宅で住みやすい、使いやすい住宅ができるのでしょうか?

尺とm6

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
冬向きの家④~欧米ってどこ
イメージ

今回から、記事について私の意見を書いていきます。暖かい家が冬季のヒートショックなどの住宅内事故を防ぐこと...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家③~UA値0.87とは
イメージ

コラム①に書いた0.87とは断熱性能を判断するため、平成25年から施行された外皮計算という計算で出す基準です。...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家②~週間文春の記事から2
イメージ

今回のコラムは前回の続きです。前回の記事の後、コメントをしていた方が実際に断熱工事をしたことが書かれてい...

[ 冬向きの家 ]

冬向きの家①~週間文春の記事から
イメージ

週刊文春10月5日号にこんな記事がありました。「暖かい家は寿命を伸ばす」というタイトルでした。記事の内容...

[ 冬向きの家 ]

震度について⑦~強度を保たないと
イメージ

TVのコマーシャルのような実物大の建物を振動台で揺らせば、地震に強いか判断材料にはなります。大きな会社では過...

[ 地震 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ