コラム

 公開日: 2017-09-12 

続 聴竹居を訪ねて①~今度はゆっくりと

前回は人が多すぎてゆっくり見ることができませんでした。帰りがけに「今度は予約してきてください。」と言われたので、今回は予約して行きました。

聴竹居に着くと「どうぞ。」と案内され、いきなり居間へ入って予約の確認です。同時刻の見学は他に五人だけ、今回はゆっくり見られそうです。

前回の一般公開では、細かいところはもちろん全体も見ることができず、説明もよく聞こえませんでした。今回は写真撮影の許可も申請したので、説明を聞きながら写真を撮る事ができます(但し、ネットなどでの公開はダメ、個人で資料として使えるだけです)。

受付をすませ、他の方が受け付けしている間に居間から他の部屋(玄関、食堂、広縁、客室、小上がりの和室)をグルッと見ることができました。「一屋一室」戸を開ければ一つの部屋になる、居間中心で家族中心の間取りがよく分かりました。中でも縁側から見る景色は見事です。

続聴竹居①

前回のコラムでは部屋ごとに書きましたが、このコラムは同じ内容にならないように、テーマごとに書いていきます。

次回は、「続 聴竹居を訪ねて②~三つの空気の流れその1」です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
続 聴竹居を訪ねて④~三つの空気の流れその3
イメージ

聴竹居には、②と③までに書いた室内の空気の流れとは別に室内には入らない空気の流れがあります。それは12カ所の床...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて③~三つの空気の流れその2
イメージ

聴竹居にはもう一つの空気の流れがあります。コラム「聴竹居を訪ねて②」に書いた西の崖下から土管を通って居間へ入...

[ 四方山話 ]

続 聴竹居を訪ねて②~三つの空気の流れその1
イメージ

藤井厚二は気温、湿度などを調べて、日本では夏に快適に過ごすことが住宅に重要だと考え、そのために風をコントロ...

[ 四方山話 ]

軒のない屋根の家⑩~構造的な話
イメージ

前回まで軒のない家と雨漏りに関してだけを書いてきましたが、今回は話が変わり構造に関することです。軒が出...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家⑨~西岡棟梁の言葉
イメージ

三十年ほど前に亡くなられた法隆寺の宮大工西岡常一棟梁の本に、飛鳥時代の工人(棟梁の本では飛鳥時代の職人のこ...

[ 軒のない家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ