コラム

 公開日: 2018-07-13 

地震で倒れた塀の記事から③~報道内容についての意見

まず鉄筋が法律通り入っていないことについてです。
元々ブロックではなくフェンスがありましたが、外から見えるためコンクリートブロックを積んだので、鉄筋が深く入っていないのは後施工だから当たり前なのです。

鉄筋をコンクリートに後から入れる工事を一般に(あと施工)アンカー工事と呼びます。硬いコンクリートに穴を開け、鉄筋を接着剤で固めたり、先端が開く特殊な形の鉄筋を使用して、鉄筋を抜けないようにしてブロックを積んだのです。後から穴をあけて鉄筋を埋め込むため、それほど深く入れられないのです。

ですから、基礎(報道が基礎なので基礎で通します)に13㎝しかはいっていないのではなく、入らないのです。もっと深く入れればと思われるかもしれませんが、後から硬いコンクリートに手で扱う電気工具で穴をあけることは大変でなことと、仮に深く開ければ今度はプールの壁も弱くなることが考えられます。塀のために壁が弱くなっては元も子もありません。

また、ブロックの上まで鉄筋が入っていなかったということですが、仮に上まで入っていても基礎との接続部分の鉄筋が深く入れられないことと次回に書く控え壁がないことから、今回の地震にあえば倒れたと思われます。

倒れたCB塀③

次回は、『地震で倒れた塀の記事から④~報道についての意見2』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

まちの大工さん 鈴木工務店 [ホームページ]

一級建築士 鈴木敏広

愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL:0532-32-4265

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
地震で倒れた塀の記事から⑤~元々の目的は
イメージ

前回、前々回で、この工事について、そもそも後施工でコンクリートブロックを8段積む工事自体が間違った工事だとい...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

地震で倒れた塀の記事から④~報道についての意見2
イメージ

前回の続きです。鉄筋の間隔は80㎝なっていますが、ブロック一丁の長さは40㎝ですから2丁に一本入っていたことに...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

地震で倒れた塀の記事から②~報道の内容
イメージ

倒れた塀の長さは40m、基礎の高さ1.9m、その上に厚さ15㎝のコンクリートブロックを8段積んでいました。元々はフェ...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

地震で倒れた塀の記事から①~やり切れない思いがする事故
イメージ

6月18日朝7時58分、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震がありました。この地震で高槻市の小学校のプールの塀が倒...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

家の老化⑬~現代の家はいつまで…
イメージ

どんな家も欠陥がなくても年月とともに各部材が傷み次第に老化しますが、昔の家の材料は、木材はシロアリや菌の被...

[ 家の老化 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ