コラム一覧 :雨漏り

1件~15件(22件)

過去の15件

築30年で初めて漏った家9~日本の気候に合った家を…

イメージ

日本の雨は短期間短時間に大量の雨が降ります。(雨漏り5~日本の雨の種類 予備知識3 参照)そのため、あの手この手で雨漏りを防がないといけません。昔の職人達は、シール材や透湿防水シートのような便利なモノはありませんでした。雨漏りしないように、屋根を大きくして雨の掛かる量を減らし... 続きを読む

雨漏り

2014-11-27

築30年で初めて漏った家8~雨漏りを防ぐ2つの方法

イメージ

雨が漏らない、漏りにくくするためには二つの方法しかありません。1. 雨がかからないようにする2. かかる雨を減らす雨がかからなければ雨漏りしません。また、かかる雨の量が少なければ、外壁を濡らすだけで雨は家の中まで侵入できません。雨が侵入し、ある程度の量が継続的に... 続きを読む

雨漏り

2014-11-24

築30年で初めて漏った家7~雨漏り対策より低価格優先

イメージ

軒もなく庇もない家は、デザイン優先だけでなく、建築費を減らすためにしているのでは?と思っています。軒が出れば屋根が大きくなり費用が増え、同じように庇を付けても費用が増えます。その為か建て売りやローコスト住宅などでは、このような家が多いのです。フラットの外壁で見た目スッキリした... 続きを読む

雨漏り

2014-11-20

築30年で初めて漏った家6~すぐに汚れる最近の家

イメージ

屋根も小さく庇もない家は、とにかく汚れます(コラム:築30年で初めて漏った家5参照)築数年で、窓の下などに黒くなってくるのは、雨が窓枠を伝って流れるために黒く筋が付いていくわけです。どんな雨でも当たりますから雨垂の跡は、ドンドン黒くなります。そして、晴れた日には日差しも当た... 続きを読む

雨漏り

2014-11-17

築30年で初めて漏った家5~軒も庇もないのに漏らない最近の家

イメージ

最近は下の絵のように、ほとんど庇はなく屋根も壁から出ていない家があります。雨が掛からない、かかる量を減らす工夫は全くありませんが、雨は漏りません。その理由は、透湿防水シートと樹脂系シーリング材にあります。ほとんどの家は、窯業系サイディングを外壁材として使っています。... 続きを読む

雨漏り

2014-11-13

余談 【庇~日差しの調整】

イメージ

このコラムは雨漏りですが、庇にはもう一つ大事な役目があります。庇は窓から入る日射量を調整します。下の図は夏と冬の太陽と家の関係です。夏は暑いですから日射量が少ない方がいい、庇が窓の上にあれば、窓から直接入る日射量を減らすことができます。逆に、冬は家を温めたいので... 続きを読む

雨漏り

2014-11-10

築30年で初めて漏った家4~漏らなかった理由3 庇

イメージ

庇は窓などの開口部の上に付けられる小さな屋根のことです。以前の日本の家には窓の上に必ず庇がありましたが、最近は庇のない家が増えました。しかし、庇は家にとって大変な重要な部材です。屋根と同じように壁から出ているため、雨がかかりにくくなります。特に、雨漏りし易い窓の開口部... 続きを読む

雨漏り

2014-11-06

築30年で初めて漏った家3~漏らなかった理由2 破風板

イメージ

図の屋根(切り妻屋根と言います)の部分をケラバ、そこに付ける板を破風板と言います(下図参照)。ケラバを軒と同じように壁から出せば、軒と同じように雨はかかりにくくなります。しかし、ケラバは軒よりも高さが高いため、風が強く当たり、雨が漏りやすい場所です。その為、大きな破風板を付... 続きを読む

雨漏り

2014-11-03

築30年で初めて漏った家2~漏らなかった理由1 軒

イメージ

雨漏りの原因は様々ですが、雨が漏る場所は、大体決まっています。屋根や窓の開口部、ベランダなどの2階建ての場合は屋根と壁の取り合いなどから雨漏りすることが多いのです。(コラム:雨漏り8、雨漏り11参照)では、どうすれば雨漏りしにくい家になるのでしょうか。下図のような屋根の... 続きを読む

雨漏り

2014-10-30

築30年で初めて漏った家1~30年外壁のリフォームをしない家

イメージ

今回のコラムは、「雨漏り」の続編です。昨年の台風が来た日、「雨が漏っています。」と電話がありました。すぐにお施主さんの家に向かいましたが、雨漏りは止まっていて、天井に直径10㎝ほどのシミがありました。シミのあったところは、二階建ての平屋部分。天井裏にもぐり見て見ると、平屋... 続きを読む

雨漏り

2014-10-27

雨漏り12~角から雨は漏る

イメージ

昔から「角から雨が漏る」と言われています。前回のコラム”雨漏り11~雨が漏るところ”に書いた雨漏りしやすい場所も開口部以外は角が多いのです。大工は、雨漏りしないように、さまざまな工夫をして家を建ててきました。大工が設計にかかわらなくなった現在、大工の知恵は忘れ去られ、見た目優... 続きを読む

雨漏り

2014-07-28

雨漏り11~雨が漏るところ

イメージ

“コラム雨漏り8~2階建てが建ち雨漏りは壁からになった“で雨漏りは壁からが多いと書きました。下の図は雨漏りする場所の図です。雨が漏る場所は、窓周り、ベランダ周り、屋根と壁の取り合い、壁の出隅、入隅、外壁材の継ぎ目、屋根の軒先とケラバ(図の場所)が多いのです。        ... 続きを読む

雨漏り

2014-07-24

雨漏り10~水の性質

イメージ

水には雨漏りにつながる性質があります。それは界面張力です。界面張力は、水が物体表面と水の間に働く引き合う力のことです。難しいので下の絵を見てください。          容器に水をいれると容器の壁に沿った部分の水は界面張力によって引き上げられます。よく耳にする毛細管現象... 続きを読む

雨漏り

2014-07-14

雨漏り9~家にかかる三つの雨

イメージ

家にかかる雨は三種類あります。上の図のように雨は直接かかる雨とかかった雨が流れてかかる雨と、家の部分や隣の建物、地面に降って跳ね返ってかかる雨があります。雨はこのようにかかるので、直接降る雨の量はどの高さでも同じですが、伝わる雨の量は、上の雨が伝わってくるのですから下にいく... 続きを読む

雨漏り

2014-07-10

雨漏り8~2階建てが建ち雨漏りは壁からになった

イメージ

豊臣秀吉が、応仁の乱以降荒れていた京都の町を、平安京の区割りから二つに割る新しい町割りをしたことにより、民家にも2階建ての民家が建つようになりました。現代では建てられる家のほとんどは2階建てです。2階建ての家になって雨漏りは屋根だけではなくなったのです。下の図を見てください。... 続きを読む

雨漏り

2014-07-07

1件~15件(22件)

過去の15件

RSS
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
熊本地震で起きたこと、分かったこと⑦~以前のコラムから
イメージ

1981年基準で被害のない家は20.4、約20%ですが、実はこの数字は2年程前の私のコラムで書いた数字と極めて合致して...

[ 地震 ]

熊本地震で起きたこと、分かったこと⑥~1981年基準と2000年基準の差
イメージ

今回の熊本の地震では、1981年の基準(新耐震)の家もたくさん壊れました。今までの地震(たとえば95年の阪神の地...

[ 地震 ]

熊本地震で起きたこと、分かったこと⑤~2000年基準とは
イメージ

阪神大地震の5年後、地震の災害状況から1981年基準の改正がされ3つのことが加えられました。1、耐力壁の配置...

[ 地震 ]

熊本地震で起きたこと、分かったこと④~「新耐震」でも壊れた
イメージ

「新耐震」でも倒れたという記事がありました。実は、地震が起きて間もない頃は、新聞などでは「新耐震」と2000年...

[ 地震 ]

熊本地震で起きたこと,分かったこと③~2つの断層で起きた
イメージ

 14日の地震を前震、16日の地震を本震と報道されましたが、4月16日の地震が本震になった理由は、同じ震度7で...

[ 地震 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ