>   >   >   >   >   >  耐震診断できない木造住宅

コラム一覧 :耐震診断できない木造住宅

1件~4件(4件)

耐震診断できない木造住宅④ ~世の中はリフォームする時代

イメージ

今、耐震診断して補強している家は、大工が加工して組み立てた木造軸組工法と言われるオープン工法だからできるのです。大地震に備え、国も後押ししているため、耐震補強の方法も毎年のように増えています。世の中は、造っては壊す時代からリフォームする時代です。長期間使用する家とは、法律が... 続きを読む

耐震診断できない木造住宅

2014-10-02

耐震診断できない木造住宅③~オープン工法とクローズド工法

イメージ

家のつくり方には大きく二つの分け方があります。それがオープン工法とクローズド工法です。オープン工法とは、家のつくり方が一般に公開されている工法で、木造住宅ですと木造軸組工法と2x4工法がこれに該当します。書店に行けば調べることができますし、何よりオープン工法で建てている数が多... 続きを読む

耐震診断できない木造住宅

2014-09-29

耐震診断できない木造住宅②~図面を見てもわからない家

イメージ

○×ホームの図面には、パネルの記号があります。メーカー独自の記号でどんなパネルを使用しているのか全くわかりません。木質パネルですから柱はありません。いわゆる2x4工法と同じような工法ですが、工場でパネルをつくり搬入して建てます。工場でつくったパネルの内容、使っている合板の厚みや... 続きを読む

耐震診断できない木造住宅

2014-09-25

耐震診断できない木造住宅① ~耐震診断の現場から

イメージ

何年も前から市の木造住宅耐震診断をしています。今年、依頼のあった家で耐震診断できない家がありました。もちろん、木造住宅でしたが耐震診断できないのです。依頼者の家で図面を借り、コピーをするため図面をよくみると、確認申請書の初めのページに見慣れないハンコがありました。「木質パ... 続きを読む

耐震診断できない木造住宅

2014-09-22

1件~4件(4件)

RSS
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
軒のない屋根の家⑤~軒なし片流れ屋根の家は…
イメージ

「片流れ屋根の家が増える理由⑩」(コラム;片流れ屋根の家が増える理由⑩ 参照)」参照)に書いた軒なし片流れ屋根...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家④~軒のある家は傘、軒のない家は合羽
イメージ

今回はたとえ話です。軒のない家は、雨合羽を着ている家、軒のある屋根は傘を差している家とたとえられます。...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家③~軒がない家の雨のかかり方
イメージ

軒がない屋根でも雨が漏らない理由は、コラム「築30年で初めて漏った家⑤」(コラム;築30年で初めて漏った家⑤ 参照...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家②~軒のある家の雨のかかり方
イメージ

コラム「築30年で初めて漏った家」に書いたように、30年間雨が一度も漏らなかった家は、軒も庇もある家でした。...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家①~軒がないとは
イメージ

このブログは「片流れ屋根の家が増える理由」の続編です。また、雨漏りについての内容が多いため、コラム「雨漏り...

[ 軒のない家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ