>   >   >   >   >   >  10年で塗装しないといけない家

コラム一覧 :10年で塗装しないといけない家

1件~11件(11件)

10年で塗装しないといけない家11~窯業サイディングを張るのなら

イメージ

もし、窯業系サイディングを張るのなら、縦張りで窓に必ず庇を付けることと塗装は現場で行うことです。その理由は、縦張りなら樹脂系シーリングの長さが短くなり、施工ミスによる不具合も格段に減ります。窓周りは庇のおかげで太陽と雨の当る量が減り、窓周りの樹脂系シーリングが傷みにくくなり... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-04-07

10年で塗装しないといけない家10~最近の窯業系サイディング

イメージ

サイディングのデザインはタイル調、石張り調、塗り壁調、木目調などデザインや色も様々ですが、タイル調や石張り調などはタイルと目地や石の色が多色になっているものもあります。このような凝ったデザインのサイディングは塗り替えの時には一色になってしまいます。つまり、塗り替えまでの10年程... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-04-03

10年で塗装しないといけない家9~窯業系サイディングの前は

イメージ

元々、日本の外壁は土か板でした。土は水に弱く、板は火事の時に燃えてしまうため外壁にモルタル(セメントと砂と水を混ぜたもの)を塗りました。しかし、モルタル壁は重くてクラックが入りやすく、工事に時間がかかるので工事費が高いことなどから、モルタルと同じように燃えないが、クラックが入... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-27

10年で塗装しないといけない家8~体験談、モルタル外壁の塗装

イメージ

以前リフォームされた築40年のお宅は、外壁がモルタル仕上げの上に塗装してありました。工事の打合せ中に結婚されて他にお住いの娘さんからこんな質問がありました。娘さん「私の家は、10年ごとに外壁を塗装するように言われてますけど、この家はもう何十年も塗装して     いないです…。... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-24

10年で塗装しないといけない家7~樹脂系シーリング材はなぜ早く傷む

イメージ

“サイディングが動く”というと、そんなバカなことがと思われるかもしれません。目に見えるほど動くのではなく、太陽に当たればほんの数㎜膨張し、動きます。仮に横張りのサイディングが全体で2㎜(3mの長さの材料が2㎜ですから 1500分の1 です)膨張すると継ぎ目のシーリング材は左右から1㎜ずつ計2... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-20

10年で塗装しないといけない家6~シーリング工事とは

イメージ

ここまで何度も出てきた樹脂系シーリングとは、ホームセンターなどでも売っている下の絵のような材料で、専用ガンでシーリングを充填することをシーリング工事(コーキング工事)と呼ばれています。シーリング工事は、窓周り、サイディング材の継ぎ目、屋根と壁の取り合い、異なる仕上げ材との... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-17

10年で塗装しないといけない家5~横張りで継ぎ目が長くなった

イメージ

窯業系サイディングには、縦張り、横張りがあります。以前の窯業系サイディングは縦張りしかありませんでしたが、最近は横張りが増えました。縦張りと比べ、横張りはデザインが豊富です。縦張りの場合、巾90cmごとに縦にラインが入ってしまいますが、横張りですと3mまで縦にラインが入りません。... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-13

10年で塗装しないといけない家4~日本には窯業系サイディングは向かない

イメージ

日本は非常に雨の多い国、しかも大量の雨が短期間に降ることがあります。窯業系サイディングのようにセメントを使った材料は塗料が取れると水が浸み込み、そのままにしておくとクラックが入り、さらに水が浸み込むようになります。それに加え、樹脂系シーリングが切れると雨がまた入ってきます。... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-10

10年で塗装しないといけない家3~塗装済みサイディングの使用

イメージ

理由の2つ目は、工場で塗装済みの窯業系サイディングを張る現場が増えたことです。工場で塗装された材料を現場で張り、外壁材と同じ色の樹脂系シーリング材を目地に充填しています。現場で張っていると傷が付き塗装が取れることがありますが、そこはタッチアップ(刷毛でそこだけ塗る)するだけ、ちゃ... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-06

10年で塗装しないといけない家2~昔の窯業系サイディングは丈夫だった

イメージ

以前の窯業系サイディングの外壁の寿命(塗装するまでの期間)はもっと長かったのですが、10年程になった理由は2つあります1つ目の理由は、窯業系サイディングにはアスベストが混入していましたが、ご存知の通り15年前からアスベストは入っていません。アスベストは中皮腫という恐ろしい病気に... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-03-03

10年で塗装しないといけない家1~窯業系サイディングの外壁材

イメージ

最近「10年経ったら外壁の塗装すること」が当たり前のようになっている家があります。その家は外壁に窯業系サイディングという外壁材を張っています。一説には10棟中7棟が窯業系サイディングの外壁材を使用していると言われています。 窯業系サイディング材は木材の繊維とセメントなどを混ぜて... 続きを読む

10年で塗装しないといけない家

2015-02-27

1件~11件(11件)

RSS
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
熊本地震で分かったこと③~筋交いの方向性
イメージ

筋交いと面材ではもう一つ大きな違いがあります。力のかかる方向で強度が違う、方向性があるのです。下の図を見て...

[ 地震 ]

熊本地震で分かったこと②~面材の被害は少なかった
イメージ

筋交いに比べ、面材の被害は少なかったようです。面材とは、合板のような一枚の板を柱と梁、土台などに止めて耐...

[ 地震 ]

熊本地震で分かったこと①~筋交いが切れた
イメージ

 コラム「熊本地震で起きたこと、分かったこと」は主に新聞、TVなどの報道から作ったコラムでした。このコラムは...

[ 地震 ]

熊本地震で起きたこと、分かったこと⑪~法律改正はなし
イメージ

10月に「国土交通省は2000年基準の改正はなし」と発表しました。2000年基準の家の被害が少なかったこ...

[ 地震 ]

熊本地震で起きたこと、分かったこと⑩~地震地域係数のために公平に比較できないのでは?
イメージ

 この「1.0~0.7の範囲で区分し、設計用地震力を減らしてもよい」と建築基準法に書かれていますから、減らして...

[ 地震 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ