コラム一覧 :階段

1件~10件(10件)

階段10~高齢化時代の階段

イメージ

これまで書いたように、階段に要求される性能の第一は安全性です。平成25年の人口動態統計をみると、家庭内事故死の年間死者数は14,582人で階段からの転落、転倒による事故死は475人です。その内、65歳以上は364人と全体の76%を占めます。住宅を長期使用する時代、建てた時は若く、階段の上り下... 続きを読む

階段

2015-08-07

階段9~リフォームが難しい場所

イメージ

階段をリフォームする方はあまりいません。もしかすると室内でも最もリフォームしにくい場所だと思います。階段は上の階と下の階をつなぐ場所であるため、梁があればできないなど構造上できない場合があります。そして、階段は1階の床と2階の床に繋がり、壁はそのまま2階の壁に繋がっていきます。... 続きを読む

階段

2015-08-04

階段8~階段の配置

イメージ

広告などを見ていると、家の出隅に階段を取り付けている間取りがあります。下の絵のように階段が2階建ての出隅(1階、2階とも)に配置されていると地震に弱くなります。なぜなら、階段は吹き抜けと同じで床がないからです。階段の壁は他の壁と比べ、2倍の高さになります。地震や台風で揺れた場合... 続きを読む

階段

2015-07-31

階段7~手すり

イメージ

高齢者が増え、バリアフリーという言葉が広まった頃から階段には安全対策のため、手すりをつけるようになりました。20年前には真っ直ぐや90度曲がる手すりをバラバラに付けるだけで途中は切れてしまうような手すりでしたが、メーカーが1階から2階まで連続して付けることができる特殊な部材を作るよ... 続きを読む

階段

2015-07-28

階段6~階段の役割は大きく変わっている

イメージ

階段は、2階建ての住宅にとって1階と2階を結ぶ重要な通路です。30~40年前は、1階が食事をして家族が集まる場所。2階は小さく、寝る場所で、今ほど使われていませんでした。しかし、最近の住宅の多くは、1階にキッチン、リビングなどの家族で使う部屋、2階に寝室や子供部屋などの個室を配置します... 続きを読む

階段

2015-07-24

階段5~階段の勾配

イメージ

上に上がる、という行動には階段以外にスロープとはしごがあります。その区別も勾配で決まっています。下の図のように10度以下をスロープ、70度以上がはしご、その間の20度から55度と一番幅があるのが階段です。階段の良し悪しは勾配で決まります。普通の階段の勾配は45度~42度ぐらいがもっ... 続きを読む

階段

2015-07-21

階段4~階段の種類

イメージ

階段にはたくさんの種類があります。・直進(てっぽう)階段・折り返し階段・らせん階段・かね折り階段・中あき階段・回り階段最も安全な階段は、「折り返し」です。途中で平らな場所があるため、足を踏み外してもそこで止まり大きなケガならないからです。学校など公共... 続きを読む

階段

2015-07-17

階段3~階段は危険な場所

イメージ

学生の頃、講義で『階段を設計する時に廻り階段は設計しないように。もしどうしても、廻り階段で設計しないといけない場合は上で回るのではなく、下で回るようにしなさい。』と教わりました。下で回れば下階の床が近いため、落ちる高さは60㎝~80㎝ぐらい。足を滑らせても大きなケガにはならな... 続きを読む

階段

2015-07-14

階段2~A階段が多いわけ

イメージ

A階段が多い理由は、A階段の平面図を見ると正方形です。正方形だと間取りを考える時に楽なのです。階段の設計は、3尺や1mの基準寸法をマス目で考えることが普通です。A階段は正方形ですから4マス分。面積も小さく、梁も四角に配置するだけで簡単です。B階段のような折り返し階段は、A階段の周り部... 続きを読む

階段

2015-07-10

階段1~最近多い階段

イメージ

住宅の広告、雑誌などを見ると、以前よりも「回り階段」が多いと思います。「回り階段」とは図A(このコラムではA階段と表記していきます)のような回りながら上がる階段のことです。図B(図Aと同様にB階段と表記していきます)のような階段は同じように180度向きを変えますが「折り返し階段」と言い... 続きを読む

階段

2015-07-07

1件~10件(10件)

RSS
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
軒のない屋根の家④~軒のある家は傘、軒のない家は合羽
イメージ

今回はたとえ話です。軒のない家は、雨合羽を着ている家、軒のある屋根は傘を差している家とたとえられます。...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家③~軒がない家の雨のかかり方
イメージ

軒がない屋根でも雨が漏らない理由は、コラム「築30年で初めて漏った家⑤」(コラム;築30年で初めて漏った家⑤ 参照...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家②~軒のある家の雨のかかり方
イメージ

コラム「築30年で初めて漏った家」に書いたように、30年間雨が一度も漏らなかった家は、軒も庇もある家でした。...

[ 軒のない家 ]

軒のない屋根の家①~軒がないとは
イメージ

このブログは「片流れ屋根の家が増える理由」の続編です。また、雨漏りについての内容が多いため、コラム「雨漏り...

[ 軒のない家 ]

点検商法の記事から②~個人と公共の境
イメージ

このコラムが多くの人に(特に高齢者に)読まれると良いと願いますが、個人の敷地内の下水桝は水道局の管轄外です。...

[ 訪問販売リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ