コラム一覧 :金物工法

1件~10件(10件)

金物工法の疑問⑩~失われる技術者の経験

イメージ

「集成材の疑問」に書いたプレカットと金物工法の普及は、今までの日本の住宅の作り方を替えました。大工は自分で墨付け加工しなくなりました。建てる日の朝、材料の番号を見て柱や梁を組み立てるだけです。もしも、計算が間違っていても、プレカット加工に問題があっても、組み立てている時に職人... 続きを読む

金物工法

2016-07-12

金物工法の疑問⑨~時間が証明する

イメージ

金物工法もちゃんと実験しているという方もいるでしょうが、実験をしたと言っても新品の状態で、何年も経って劣化や経年変化した状態でしたのではないのです。何十年と経った時に集成材も接合部の金物も新築時の性能があるのか誰にも分からないのです。奈良の薬師寺の西塔を復興するときに、塔... 続きを読む

金物工法

2016-07-08

金物工法の疑問⑧~法律は何度も改正された

イメージ

戦後作られた法律は地震がある度に何度も改正され、現行の基準は95年の阪神の地震後に改正されたものです。改正された年度と主な内容は下の通りです。何度も改正される理由は地震のことがそれほど分かっていないからだと思います。地震のデータも今のような詳細なデータが取れるようになったの... 続きを読む

金物工法

2016-07-05

金物工法の疑問⑦~余力のない怖さ

イメージ

「余力」という言葉がありますが、構造計算できることで基準を満たすことが目標になり、計算した結果に安心してしまい全く余力のない家ができるのではと私は心配しています。大工は経験から考えて家を建てていました。計算していないので根拠がないと思われますが、前回に書いた梁の架け方は一... 続きを読む

金物工法

2016-07-01

金物工法の疑問⑥~計算できない力

イメージ

集成材が重いと影響がでるのは地震の時だけではありません。重いことは材料の自重が大きいことですから、構造材の中で梁などのように水平に使う材料は、上部を支える重さや自重で長い年月で垂れる可能性があります。何も重さが掛かっていなくても地球の重力によって中央部が垂れます。ですから、前... 続きを読む

金物工法

2016-06-28

金物工法の疑問⑤~金物工法は重くなる

イメージ

あまり言われませんが、集成材は接着剤を使用しているため本物の木よりも重くなります。以前から、私は本物の木と比べてどれだけ重いのか(接着剤の量がわかればよいのですが)、調べているのですがよく分かりません。また、金物工法では接合部に金属を使いますから、その分より重たくなります。... 続きを読む

金物工法

2016-06-24

金物工法の疑問④~倒壊した本当の理由は?

イメージ

接合部を金物で作る工法が出る前までは、大工が長い間考えた方法で木と木を組み合わせ補強として金物を使っていたのです。あくまで接合部は木と木の組み合わせ、金物は補助でした。木と木の組み合わせならば、大きな力が掛かった時にお互いが勝つ、負けるとはならずに頼り、頼られて耐えようと... 続きを読む

金物工法

2016-06-21

金物工法の疑問③~鉄と木は相性が悪い

イメージ

私が「集成材を材料に使い、接合部に金属を使い構造計算しているから安全です」としている工法に一番疑問に思っていることは鉄と木の相性が悪いことです。異なるモノを組み合わせて構造体を作る工法に鉄筋コンクリートがありますが、鉄筋コンクリートはその名のとおり鉄筋とコンクリートを一体... 続きを読む

金物工法

2016-06-17

金物工法の疑問②~金物工法が生まれたわけ

イメージ

95年の阪神の震災の時に、柱と梁や筋交いなどの接合部が破壊されて倒壊した木造住宅がたくさんありました。柱や梁などの構造材は全てつながっているため、接合部が一カ所破壊されると倒壊してしまったのです。それを防ぐために接合部が他よりも先に破壊しないように法律改正されました。2000年... 続きを読む

金物工法

2016-06-14

金物工法の疑問①~金物工法とは

イメージ

コラム「金物工法の疑問」はコラム「集成材の疑問」に続けて原稿を書きました。熊本の地震が起こる前に完成していたため、前回のコラム「熊本地震の記事から」と重なる話があります。ご了承ください。日本の木造住宅は、柱などの垂直部材と梁などの水平部材を組み合わせて骨組み(構造体)を作... 続きを読む

金物工法

2016-06-10

1件~10件(10件)

RSS
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
リフォームの見積り⑤~経験談その2 私の相見積り内容
イメージ

前回の続きです。私が見積りと図面を持って内容について説明しました。工事の内容を順に説明していったのです...

[ 見積り ]

リフォームの見積り④~経験談その1 3業者の見積もり
イメージ

数年前に、築40年の家の水回り(台所、浴室、トイレ、洗面)全部のリフォーム工事の依頼がありました。相見積の業...

[ 見積り ]

リフォームの見積り③~見積りの2倍のリフォーム工事
イメージ

前回の新聞記事を見た人は、見積りの2倍以上なんてあり得ないと思うかもしれませんが、私はそうは思いません。なぜ...

[ 見積り ]

リフォームの見積り②~中日新聞の「TVのリフォーム番組の記事」から
イメージ

 2016年7月26日の中日新聞にTVのリフォーム番組で工事費をもらえなかったことで愛知県の業者が番組制作の会社に...

[ 見積り ]

リフォームの見積り①~新築との違い
イメージ

「リフォームの方が難しい」に書きましたように、現状把握が一番初めの作業になるリフォーム工事は、新築と全く違...

[ 見積り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ