コラム一覧 :冬向きの家

1件~13件(13件)

冬向きの家⑬~日本的な断熱方法は

イメージ

日本には程度の差はありますが、四季があります。今までの日本の家が夏にいかに快適に暮らすかを考えた「夏向きの家」なら、記事にある家は冬に快適に暮らす事を考えた「冬向きの家」だと思います。ここまで書いたように、今までの日本の家はと違います。風通しは良くありませんから、今までよりも... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-26

冬向きの家⑫~「聴竹居」から考えて

イメージ

今年、コラムで「聴竹居」について2回書きました(重文の記事も入れると3回です)。聴竹居に興味を持ったのは、コラムに書いたように天皇陛下が見学された記事を見たことがきっかけですが、本を読んで、90年前に考えられた快適に暮らす数々の工夫を見たくなったからです。聴竹居で一番驚くのは... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-22

冬向きの家⑪~地震時は大丈夫?

イメージ

②に書いたI邸が外部にどれぐらいの厚みの断熱材を張ったのか分りませんが、構造材の上に断熱材を張り、その上に外壁材を張るわけですから、厚くなるほど外壁材の固定は難しくなります。省エネ住宅の講習などで、ドイツの家で外部にとんでもない厚みの断熱材を張っている写真を見たことがありま... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-19

冬向きの家⑩~耐震が優先されたのは当たり前

イメージ

記事の中に、地震対策に比べて室温のことを考えてこなかったという文があります。日本列島は、世界の陸地の400分の1の面積しかないのに、世界の地震の10%が起きる場所です。誰だって冬の寒さよりも命の方が惜しいですから、地震対策が優先されるのは当たり前です。室温を保つために断熱工事にお... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-15

冬向きの家⑨~湿度の事は書いていない

イメージ

記事の中に、湿度の事は書いてありません。英国やドイツのように、夏の外気は高温小湿、冬の外気は低温多湿なら、夏も冬も湿度のことは日本ほど考えなくてよく、温度を夏は低温に、冬は高温にするだけです。ところが、日本では温度だけでなく、湿度も変えないといけません。ですから、ドイツや英... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-12

冬向きの家⑧~冬以外はどうなる

イメージ

家の断熱性能を上げるには、窓を小さくする、断熱材の性能を上げることが必要です(もちろん、窓の断熱性能を上げれば窓を小さくしなくてもいいですが、性能のよい窓ほどお金がかかります)。窓を小さくすると風通しは悪くなりますから、夏は暑ければ冷房を入れて生活する、断熱性能がいいから... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-08

冬向きの家⑦~冬のことしか書いてない

イメージ

この記事もそうですが、日本の住宅の断熱性能が低いという話になると冬の話しかありません。文春の記事も冬に室内で死亡者が多い、寒いため病気になりがちなどと書いてありますが、春、夏、秋の話はどこにも出ていません。特に夏は⑤に書いたように、日本の太平洋側では高温多湿、梅雨があり台風... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-05

冬向きの家⑥~エアコンの普及が変えた

イメージ

現在、日本の家で全くエアコンが取り付けていない家はどれぐらいあるでしょうか?昔は高価だったエアコンも1台10万円を切った頃から急速に普及しました。省エネにもなり電気代も以前のようにかかりません。最近は夏に「暑いときは我慢しないで冷房を入れてください。家の中でも熱中症になりま... 続きを読む

冬向きの家

2017-12-01

冬向きの家⑤~夏が優先されていた

イメージ

今回のコラムは私のコラムをずっと読んでいただいている人には同じ話になってしまいますが、日本の気候と家についてです。日本では、夏の高温多湿の気候に対して家を造ってきました。日本の夏(特に太平洋側)は東南アジアと同じ気候で、暑いだけでなくムシムシする、湿度が高いのです。だから... 続きを読む

冬向きの家

2017-11-28

冬向きの家④~欧米ってどこ

イメージ

今回から、記事について私の意見を書いていきます。暖かい家が冬季のヒートショックなどの住宅内事故を防ぐことにつながり、寿命が延びることについては書きません。寒い季節に暖かい家の方がいいのは当たり前だからです。まず記事に出てくる欧米についてです。「欧米と比べて性能が低い」... 続きを読む

冬向きの家

2017-11-24

冬向きの家③~UA値0.87とは

イメージ

コラム①に書いた0.87とは断熱性能を判断するため、平成25年から施行された外皮計算という計算で出す基準です。計算方法は、外気と内気を分ける断熱材のはいっている場所(これを熱的境界と言います)からの熱損失量を、床、外壁、屋根(又は天井)で各々計算し各面積で割り算したものです。そ... 続きを読む

冬向きの家

2017-11-21

冬向きの家②~週間文春の記事から2

イメージ

今回のコラムは前回の続きです。前回の記事の後、コメントをしていた方が実際に断熱工事をしたことが書かれています。I氏 自宅マンションを断熱リフォームした。室温が10度を下回る日がなくなり、風邪をひきにくくなった。H氏 2002年築の大手ハウスメーカーの自宅を断熱リフォーム... 続きを読む

冬向きの家

2017-11-17

冬向きの家①~週間文春の記事から

イメージ

週刊文春10月5日号にこんな記事がありました。「暖かい家は寿命を伸ばす」というタイトルでした。記事の内容は、暖かい季節(4月~11月)に対し寒い季節(12月~3月)の月平均死亡者増加率が一番多いのは、寒い北海道ではなく栃木県という記事から始まっています。記事の中身を大きく分け... 続きを読む

冬向きの家

2017-11-14

1件~13件(13件)

RSS
Q&A
うちのつくり方
イメージ

まちの大工さんでは昔ながらの住まいづくりをしています。昔ながらと言ってもつい最近まで、どこでもしていた家の造り方で、大工が構造材一本一本から加工し現場で組み...

 
このプロの紹介記事
まちの大工さん 鈴木工務店 代表 鈴木敏広さん

長く愛される家づくりを目指して快適な住環境を提案(1/3)

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住宅の新築、リフォーム、修繕工事、耐震診断...

鈴木敏広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

会社名 : まちの大工さん 鈴木工務店
住所 : 愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地 [地図]
TEL : 0532-32-4265

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
地震で倒れた塀の記事から⑤~元々の目的は
イメージ

前回、前々回で、この工事について、そもそも後施工でコンクリートブロックを8段積む工事自体が間違った工事だとい...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

地震で倒れた塀の記事から④~報道についての意見2
イメージ

前回の続きです。鉄筋の間隔は80㎝なっていますが、ブロック一丁の長さは40㎝ですから2丁に一本入っていたことに...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

地震で倒れた塀の記事から③~報道内容についての意見
イメージ

まず鉄筋が法律通り入っていないことについてです。元々ブロックではなくフェンスがありましたが、外から見える...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

地震で倒れた塀の記事から②~報道の内容
イメージ

倒れた塀の長さは40m、基礎の高さ1.9m、その上に厚さ15㎝のコンクリートブロックを8段積んでいました。元々はフェ...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

地震で倒れた塀の記事から①~やり切れない思いがする事故
イメージ

6月18日朝7時58分、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震がありました。この地震で高槻市の小学校のプールの塀が倒...

[ 新聞、雑誌等の記事から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ