コラム

 公開日: 2018-05-27 

小さな会社のための経営戦略「ランチェスター弱者の戦略」を簡単にご紹介します。

「ランチェスター弱者の戦略」というのは小さな会社が成功するための戦略です。
もとはイギリス人のフレデリック・W・ランチェスターさんが考え出した法則を
日本で経営に当てはめて活用したものです。
小さな会社が正しく勝つためのルールと言えます。
小さな会社は、大きな会社とまともに戦っていては
到底勝ち目はありませんよね。

日本の企業の99%は中小零細企業ですが、
世の主流は大企業向けの情報ばかりです。
小さな会社のための情報はごく限られたものしかありません。
その中でも超強力な経営戦略がランチェスター「弱者の戦略」です。

簡単に言うと一点集中主義と接近戦で小さな1位を狙いましょう
というようなことです。

4つのポイント

ポイントは次の4つに集約されます。
 
●差別化 (弱者は大企業とは違うことをする)
●小さな1位 (弱者は小規模な分野で1位をとる)
●一点集中 (1つに絞る)
●接近戦 (弱者はエンドユーザーに直接営業する)

8大戦略

具体的な戦略として以下の8点があります。
 
①商品(何を)
②地域(どこの)
③客層(誰に)
④営業(どうやって新規顧客をつくるか)
⑤顧客(リピート・ファン・信者作り)
⑥組織(人事・研修・やる気・活気など)
⑦資金(資金調達と配分)
⑧時間(働く時間・働き方)

この3つが重要

この中でも最も重要なのがこの3つ
①商品(何を)、②地域(どこの)、③客層(誰に)です。
 
①商品とは何を売るのかということです。

ある程度の需要があり、ライバルが少ない商品に絞り込みます。
ランチェスター戦略のポイントは一点に集中することです。
商品を1点に絞れば広告も作りやすく、集中してコストがかけられます。
 
例えば、リフォーム屋さんの場合、リフォームの中でも「屋根修理」なのか
「外壁塗装」なのか、内装なのか、いろいろある中のどれかに決めます。
絞り込むだけでも差別化になります。
 
②地域を絞ります。
例えば、会社から移動時間10分以内の圏内に絞る。
その中で営業をすることで移動コストが下がり、
さらにお客さんへの営業活動が密にできます。
顧客になった後のアフターフォローもスムーズにできます。
つまり接近戦で各個撃破を狙うわけです。
 
③客層を絞ります。
自社の商品・サービスを売るお客さんを絞り込みます。
個人か企業か、年齢、性別、職業、趣味、性癖など、徹底的に絞り込みます。
そうすることで、その客層にピンポイントで情報が伝わります。
営業もしやすく、広告も作りやすい。

あとは、リピーター戦略で、継続的に商品が売れるように顧客維持に努めます。
小さな分野でNo.1を狙い、No.1になったら次の分野に少しずつ広げていきます。
 
小さな会社は大企業と同じことをしてはいけません。
徹底的に絞り込んで一点突破を目指すことがとにかく重要です。
桶狭間で織田信長が使った戦法も同じですね。 
 
ソフトバンクの孫正義さんもランチェスターと
孫子の兵法を実践していると言っていました。
ソフトバンクは今は強者の戦略になっていますが、
始めは弱者の戦略で勝ち上がってきた会社です。

まとめ

とにかく商品を絞る。地域を絞る。客層を絞る。
そして1点集中。何か一つに集中して力を注ぐと、そこだけ突き抜けることができます。
大企業にその1点だけでも勝つことができれば
業績は2倍3倍間違いなしです。

小さな会社のための
まちのデザインやさん
T.M.P. ティーエムピー
◎ホームページ https://www.designyasan.com

ご質問・ご意見・ご相談などはメールでいつでもOKです。
Email : matsuo@designyasan.com

この記事を書いたプロ

T.M.P. [ホームページ]

グラフィックデザイナー 松尾益秀

愛知県名古屋市天白区池見1-74-12 [地図]
TEL:070-5339-2851

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
“まちのデザインやさん” として中小企業をサポート 松尾益秀さん

「まちのデザインやさん」として中小企業の活性化をサポートする(1/3)

 グラフィックデザイナーとして20年以上のキャリアを持つ松尾益秀さんの肩書は、“まちのデザインやさん”。親しみやすい呼称には、デザインを通じて中小・零細企業に貢献したいという願いが込められています。「T.M.P.」の3本柱は会社案内のパン...

松尾益秀プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

デザイナー歴20年以上のキャリアを生かし企業の魅力を形にする

屋号 : T.M.P.
住所 : 愛知県名古屋市天白区池見1-74-12 [地図]
TEL : 070-5339-2851

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

070-5339-2851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松尾益秀(まつおみつひで)

T.M.P.

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

決め手は人柄と、親身なって意見を聞いていただけたこと

新規顧客を開拓のため、主に飛び込み営業を行っておりました...

前川製作所
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
結婚式場の小型パンフレット(リーフレット)のデザイン
イメージ

結婚式場のパンフレットを作りしました。いろんな場所に置いておく用に、小型のリーフレットタイプのものに...

[ パンフレット制作 ]

売り上げをアップするためにターゲットを絞るとこうなります。

「どうしてターゲットは絞らなきゃいけないんでしょうか?」こんな質問がありました。いろんな人、沢山の...

[ 中小企業の業績アップ ]

外壁塗装屋さんホームページほぼ完成です。チラシの反応もあったようです。

2ヶ月ほどかけて外壁塗装屋さんの仕事をしてきましたがホームページがほぼ出来上がりました。https://rp-tos...

[ ホームページ制作 ]

桑名の居酒屋さんのメニューデザインのお仕事
イメージ

桑名駅前のあたり↑昨日は、久しぶりに飲食店のお仕事が入ってきました。来月オープンする居酒屋のメニュー...

[ 中小企業の業績アップ ]

製造業 町工場の奇抜なデザインのホームページができました。
イメージ

なんとかしつこい風邪を振り切って日々の仕事に邁進してます。治工具、専用機と呼ばれる自動車部品を作るライ...

[ ホームページ制作 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ