コラム

 公開日: 2012-12-19 

法律相談のうけかた

 いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
 弁護士の秋田です。

 
 医者に行ったことがないという方は普通はいないと思いますが、法律相談に行ったことがないという方はたくさんいらっしゃると思います。

 自分には関係がない・・・と思われている方も多いと思いますが、今の世の中、どこでトラブルに巻き込まれるかわかりません。
  
 そこで今回は、「法律相談のしかた」をお話ししようと思います。


1 法律相談の予約をする

 一昔前と違い、今では多くの法律事務所、弁護士がホームページを作成しており、弁護士を探すのは比較的容易になったと思います。

 弁護士を探す媒体としては、ホームページの他、タウンページ等の広告、あるいは弁護士会や自治体が開催している法律相談等々が考えられます。
 もちろん、知人に紹介してもらう等の方法もあるでしょう。

 さて、弁護士は、お医者さんと異なり、いきなり(アポなしで)訪れても普通は対応できません。
 これは、病院などと違って、通常、弁護士はいわゆる「外来」というものがありませんので、急な相談には対応困難なためです。

 通常は、裁判や打ち合わせ等の予定が詰まってしまっています(なお、中には紹介者がいないと受け付けてくれない法律事務所もありますが、ここでは対象外とします)。

 ということで、まずは予約を取るため法律事務所へ電話をしましょう。
 その際には、「ホームページを見て相談がしたいと思って電話をしたのですが・・」等と最初に相談である旨をお伝えいただくのが良いかと思います。
 
 そのあとは、事務所にもよりますが、おそらく最初から弁護士が電話に出ることは少なく、相談の日程を調整するか、事務局から簡単な聞き取りとなるかと思います。
 
 このとき、可能であれば「借金に関する相談です」「交通事故に関する相談です」等と、ご相談の内容がどのような分野に関するものなのかをお伝えいただくと良いでしょう。

 明星法律事務所を例に出しますと、お電話を頂きますと、最初に事務局の受付担当から簡単な事情聴取をさせて頂きます。
 その後、いったん電話を切らせていただき、後ほど担当弁護士から日程調整の電話を差し上げることになります。なお、ご相談の内容によっては、お受けできない場合もございますが、その場合には最初の受付担当又は弁護士からの折り返し電話の際にその旨お知らせいたします。


2 法律相談当日まで

 さて予約をした後は、当日まで特にすることはないですが、一旦予約をした後、都合が悪くなってしまう場合もあると思います。
 
 そのような場合には、直ちに電話連絡をして、その旨伝えていただきたいと思います。
 といいますのは、前述のとおり、弁護士には基本的に「外来」はありません。あなたが予約を入れた日時は、「あなたのために」時間が確保されています。
 直前のキャンセル・延期ですと、弁護士としても困ってしまうのです。

 ちなみに、キャンセルをしても、普通はキャンセル料が発生することはないと思いますが(私は聞いたことがありません)、明星法律事務所では、度重なるキャンセルがある場合には、その後のご相談をお断りすることもございます。


3 法律相談当日

 そんなこんなで、相談当日となりましたら、予約時間に遅れないように法律事務所へ赴いてください。
 その際、事件に関連しそうな資料は全てご持参ください。 「これは関係ないんじゃないかな・・・・?」と思われた資料も、一応全てお持ちください。弁護士から見ると、意外と役に立つものだったりします(証拠としての価値が高い場合があるということです)。
  
 相談時間は、予約した際にお話しされているはずですが、時間を有効に使うためにも、なるべく要点を整理してお話しされると良いでしょう。ただ、意外とこれが難しい。そこで、予め、経緯などを紙にまとめておくのも有用です。その際には、時系列に沿って、登場人物が明確になるように記入されると良いでしょう。
 
 なお明星法律事務所では、予めご記入していただき、相談日当日にご持参いただける法律相談票をHPにてご用意しております。ぜひこちらもご活用ください。

 弁護士の説明でよく分からないところがあれば、遠慮なく質問しましょう。弁護士が意味不明な専門用語などを使った場合にも、遠慮なく質問しましょう。

 相談者は、分からないから相談に来ている訳であって、質問することに遠慮を感じる必要はないのです。質問に対して真摯に回答してくれない弁護士には、依頼をしないのが賢明でしょう(笑)。
  

4 法律相談終了後

 ・・・相談が終わり、悩みが解決すれば、それで終了です。
 ですが、相談だけでは解決しなかった場合には、次に弁護士へ依頼するかどうかを検討する必要があります。

 どの弁護士に依頼すればよいのか(相談した弁護士に依頼するのが良いのか)?は、結局は「いい弁護士と悪い弁護士の見分け方」という話だと思いますが、次回はそのあたりのテーマでコラムを書いてみようと思います(予定)。


 明星法律事務所
 http://myojo.mylawyer.jp

この記事を書いたプロ

明星法律事務所 [ホームページ]

弁護士 秋田智弘

愛知県名古屋市千種区内山1-19-26 サテライトスリービル1F [地図]
TEL:052-744-0930

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
明星法律事務所 秋田智弘弁護士

家族間のトラブルである離婚・相続の問題に親身に対応(1/3)

 名古屋千種区で明星法律事務所を運営する秋田智弘弁護士は、名古屋市内にある法律事務所で5年間の勤務弁護士を経験、2006年10月に名古屋市中区丸の内で自らの事務所を開設しました。その後、弁護士が少ない場所でより地域の方々に密着した活動を行い...

秋田智弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの体験から、相談者の目線で離婚・相続のトラブルを解決

事務所名 : 明星法律事務所
住所 : 愛知県名古屋市千種区内山1-19-26 サテライトスリービル1F [地図]
TEL : 052-744-0930

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-744-0930

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

秋田智弘(あきたともひろ)

明星法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新顔
イメージ

 皆さん初めまして。弁護士の鈴木恵美と申します。 昨年の11月から明星法律事務所で執務しています。...

[ 今池千種の弁護士の日常 ]

裁判傍聴
イメージ

 いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。 はじめまして,明星法律事務所の事務局の照井です。...

[ 身近な法律問題 ]

蔵書印
イメージ

 ニュースなどでは,ここ数年は毎年「今年の夏の気象はヘンだ」という台詞を聞いているような気がしますが,今年...

[ 今池千種の弁護士の日常 ]

証人尋問の準備
イメージ

 皆さんこんにちは。 前々回のコラムで,証人尋問のことを少し書きました。 証人尋問は大変疲れますので,...

[ 今池千種の弁護士の日常 ]

弁護士業のいいところ
イメージ

 ある若者と会話をしていた時のこと。 「『飲む打つ買う』っていうじゃん?」 「打つ?覚せい剤ですか?」...

[ 今池千種の弁護士の日常 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ