コラム

 公開日: 2014-07-15 

職場のうつ

厚生労働省が3年ごとに全国の医療施設に対して行っている「患者調査」によると、平成8年に43万人だったうつ病を始めとする気分障害の総患者数は平成20年には104万人となり、平成23年には96万人とやや減少したが、この10年余りで2倍以上に増加しています。

そのほとんどが、「うつ病」「抑うつ状態」の診断され、「適応障害」「自律神経失調症」が続きます。ほとんどすべてに意欲の減退、抑うつ気分がみられ、、休業などの原因となっています。

メンタルヘルス不調者を大きく3つに分けて考えていきます。
(1)うつ病
従来からの典型的なうつ病(メランコリー型)と考えられる例が一定数見られます。薬剤治療への反応も良く、休業することにより回復し、もともと業務への適応もよいので、業務内容などの環境調整を行うことでうまく職場復帰支援のガイドラインなどが、当初はこのうつ病に対象として作成されており、これらの内容に沿った対応でよいと考えられています。しかし現在では、原因はよくわかっていませんが、全体の数からの発症数の割合は減少しています。

(2)50歳前後に多くみられるうつ
中年期以降のうつで、業務内容の変化や異動、昇進などをきっかけに発症する例が比較的多くみられます。新しい環境への適応が悪いことが発症に関係があることが理由として考えられています。人員削減や効率化によって職場環境は急激に変化し続けています。同時に求められる役割も大きく変わらざるを得ない状況になっています。そんな状況で休職し、再教育やOJTなどを実施したとしても、本人の適応によっては休職を繰り返したり、退職してしまったりする例もあります。

NLMデザインでは、心の病などで休職されている社員の方に復職して頂けるサポートをさせて頂いております。また会社でできるメンタルヘルス対策(http://www.nlm-d.com/mentalhealth/index.html)として、「働く人のためのメンタルヘルス」支援 職場復帰支援 ~心の病(うつ病等)と向き合う自助グループ~」(http://www.nlm-d.com/groupcounseling/index.html)という事業を行っております。共通したまたは同じような課題を抱えた人達が、仲間や自分自身と向き合いながら少人数でグループカウンセリングを行う場です。心の病(うつ病など)に苦しむ方が回復期、休職中、復職時などにこの自助グループを活用することで会社復帰への心の準備体操が出来る場です。この職場復帰支援を通して、心の健康の回復を促し生きることへの主体性、自立性を養うことができるようになるというのが目的です。

(3)若年者に多く見られるうつ
現在では、若年層のうつが職場で見られるうつの多くの割合を占めています。いわゆる「新型うつ」と呼ばれているものです。

「新型うつ」とよばれるものの特徴には4つあります。
①若年層に多く全体的に軽症で、訴える症状は軽症のうつと判断が難しい
②仕事では抑うつ状態になるか仕事を回避する傾向があっても、余暇は楽しく過ごせる
③仕事や学業上の困難をきっかけに発症する
④本人がうつになる前「成熟度が低く、規範や秩序、他者への配慮に乏しい」性格

「新型うつ病」については分かってきたこともたくさんありますが、まだまだ治療の確立もされていない分野です。何よりも、人間として発達、成熟していく中でのプロセスのひとつとも言われています。だからこそ、適切な関わりと支援が求められています。

うつ病をはじめ心の病で悩んでいる時には本人の仕事に対する考え方や価値観について、上司が面談をする必要があります。上司は本人のおかれている立場や背景なども十分に考慮し、この面談に対応することで本人の復職やその後起きてくる様々な問題にも対処していくことができていくのです。

うつ病等の心の病でお悩みの社員さんを抱える上司の方、休職中の方で復職をご希望の方、具体的なご相談はこちらへ
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
NLMデザイン (エルムデザイン)
HP:http://www.nlm-d.com/
メールアドレス:info@nlm-d.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

株式会社愛知心理教育ラボ [ホームページ]

心理カウンセラー 毛受誉子

愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL:052-331-5506

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坂元さんのバストアップ

企業のメンタルヘルスに特化したコンサルティングを展開(1/3)

 東海地区の企業や官公庁、教育機関に対し、キャリア教育やコーチングなどの研修・講演などを行う株式会社愛知心理教育ラボ。同代表の毛受(めんじょう)誉子さんが力を入れるのは、企業のメンタルヘルスです。「実は最近、企業からの問い合わせが急増してき...

毛受誉子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識をもとにしたメンタルヘルス・カウンセリングに強み

会社名 : 株式会社愛知心理教育ラボ
住所 : 愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL : 052-331-5506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
リワークと復職支援

2010年の春、健康保険の診療報酬の改定の際に、認知療法や、認知行動療法という精神科専門療法が診療報酬化され、...

[ 復職支援 ]

9月に多い子供の自殺

夏休みも終わり、9月を迎えました。夏休みあけに、子どもが学校に行きたくない!という。周囲の大人は、夏休...

睡眠時間とうつの関係性

先日、中高生の睡眠時間とうつの関係性の調査研究が発表されました。リスクを最小にするには、男子の場合8時間...

過労死等の労災補償状況

厚生労働省は、6月24日に、平成27年度「過労死等の労災補償状況」を発表しました。過重な仕事が原因で発症した脳...

ストレスからくる病気

現代の日本社会において、ストレスがどのような影響を起こしているのか、そのストレスホルモンが死に至る病気を発...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ