コラム

 公開日: 2014-09-24 

飲みすぎはうつ病・不眠の大敵~アルコール依存症~

ストレス発散や入眠の目的でお酒を飲むという人は多くいます。ただ、長期間にわたる過剰な飲酒はアルコール依存症になり、心身がむしばまれ、うつ病や不眠を引き起こしたり、悪化させたりします。ひどくなると幻覚も表れ、仕事を失うばかりか、家庭も崩壊しかねません。

近年、アルコール依存症の患者数が増え続けています。日本にはおよそ約80万人の方がアルコール依存症と言われています。厚生労働省が勧める節度ある1日当たりの飲酒量は純アルコールで20グラムです。ビール中瓶なら1本、清酒なら1合、ワインならグラス1.5倍程度です。

ここで、アルコール依存症かどうか自己診断ができます。

□酔うまでの飲酒量が増えた
□飲酒しないとイライラ、不眠になるので、つい飲んでしまう
□飲酒をコントロールできない。1杯だけと言いながら、止まらなくなる
□飲酒量を減少、断酒するのに失敗した
□飲酒時間や、回復までの時間が長い
□飲酒のために、他の仕事や娯楽を犠牲にしている
□身体や精神に悪影響を与えているのに、やめられない

→ チェックの数が3個以上だとアルコール依存症の疑いがあります。お近くの専門医に相談しましょう。

近年、大量の飲酒がうつ病や不眠の大敵であることがわかってきました。睡眠薬代わりに深酒をする人が多いのですが、お酒は入眠を手助けする一方で、深い睡眠を妨げる副作用があります。大量に飲みすぎると、気分が落ち込み、うつ病を誘発しやすいのです。本人は気分よく飲んでいるつもりでも、知らないうちに、自分の心をごまかしたり、隠したりということにつながっていることも多いのです。アメリカの調査では、アルコール依存症の患者は一般人に比べて、うつ病になる危険性が3.9倍もあるというデータも出ています。

すでにうつ病にかかっている人はさらに危険です。飲酒は薬を効きにくくし、症状を悪化させるほか、自殺リスクも高まります。日本では、飲酒の危険性があまり知られていませんが、飲酒量の多いうつ病患者は非常に多いです。男性うつ病患者の27パーセントがアルコール依存症の疑いのある飲酒をしています。

アルコール依存症の治療は長く、険しい道のりです。基本的には専門病院を受診します。病気の正確な知識を得て、断酒の動機づけを促し、断酒会などの自助グループにも参加します。

医療機関を受診しながら、自分の生活や考え方を変化させていく自助グループをNLMデザインでは行っております。共通したまたは同じような課題を抱えた人達が、仲間や自分自身と向き合いながら少人数でグループカウンセリングを行う場です。どんな発言も行動も批判・非難されることのない安全・安心な場を通じて、心の健康の回復を促し生きることへの主体性、自立性を養うことができるのです。同じような状況の仲間のなかで、仲間が成功していく様子を見ていると自身も回復しやすいのです。

企業のメンタルヘルス対策・復職支援
うつ病などの心の病や、アルコール依存症などの依存症にお悩みの方はこちらへ
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
NLMデザイン (エルムデザイン)
HP:http://www.nlm-d.com/
メールアドレス:info@nlm-d.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

株式会社愛知心理教育ラボ [ホームページ]

心理カウンセラー 毛受誉子

愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL:052-331-5506

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坂元さんのバストアップ

企業のメンタルヘルスに特化したコンサルティングを展開(1/3)

 東海地区の企業や官公庁、教育機関に対し、キャリア教育やコーチングなどの研修・講演などを行う株式会社愛知心理教育ラボ。同代表の毛受(めんじょう)誉子さんが力を入れるのは、企業のメンタルヘルスです。「実は最近、企業からの問い合わせが急増してき...

毛受誉子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識をもとにしたメンタルヘルス・カウンセリングに強み

会社名 : 株式会社愛知心理教育ラボ
住所 : 愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL : 052-331-5506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
リワークと復職支援

2010年の春、健康保険の診療報酬の改定の際に、認知療法や、認知行動療法という精神科専門療法が診療報酬化され、...

[ 復職支援 ]

9月に多い子供の自殺

夏休みも終わり、9月を迎えました。夏休みあけに、子どもが学校に行きたくない!という。周囲の大人は、夏休...

睡眠時間とうつの関係性

先日、中高生の睡眠時間とうつの関係性の調査研究が発表されました。リスクを最小にするには、男子の場合8時間...

過労死等の労災補償状況

厚生労働省は、6月24日に、平成27年度「過労死等の労災補償状況」を発表しました。過重な仕事が原因で発症した脳...

ストレスからくる病気

現代の日本社会において、ストレスがどのような影響を起こしているのか、そのストレスホルモンが死に至る病気を発...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ