コラム

 公開日: 2015-02-25 

妖怪ウオッチのテーマソングから見たストレス対処法

人間が人間として生まれ、生きていく時、ストレスと上手に付き合っていく必要があります。ストレスの原因になるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーは単純に刺激です。手の中に弾力のあるテニスボールを想像して下さい。新しいテニスボールは気持ちがいいほど弾みます。これを健康な心の状態とすると、外から抑えても、地面にポンと叩きつけても跳ね返り、すぐにもとの形に戻ります。刺激は確かに受けますが、このようにもとに戻ることができれば心も健康な状態を維持できます。

この心の弾力性を失わないために役立つのがストレスとの付き合い方なのです。ストレスコーピングは心と体の健康にとても役に立ちます。管理者にとっては必須の知識です。愛知心理教育ラボではメンタルヘルスコンサルタントを派遣し、人材育成の一環としてストレス対処方法などのレクチャーなども行っています。

最近流行っている『妖怪ウオッチ』のテーマソングの歌詞はまさにストレスのつきあい方の達人です。『♪どうして、ボクちゃんふられたの・・・♪ 妖怪のせいなのね!そうなのね!♪』
ふられたというとても強い刺激を、一旦妖怪のせいにして受け流す回避型のストレス対処法です。これでストレスの刺激を少々小さくできる賢いやり方です。刺激を小さくした分、心の状態は少し余裕ができるはずです。余裕があれば『このまま妖怪にやられっぱなしでは悔しい!どのように妖怪が退治できるか考えよう!』と積極行動型の側面を発揮できるといいのではないでしょうか。

その他にもふられたことを認めないという否認型、ふられて悲しい気持ちをスポーツや
カラオケで発散するという気晴らし型があります。たくさんの対処法の引き出しをもってストレスと向き合うことは、その場その場に合わせた行動ができるようになり、快適に生きられる手段となります。

そして、管理職の皆さんは部下のストレスに対処するときのタイプを知っておくと部下の心の状態に気づくことができます。これから異動や配置換えなどでストレスを感じる時期になってきます。ストレスに対処する力を身につけて、心の状態に気づき、心身ともに健康に過ごしていきましょう。

メンタルヘルス研修についてはこちらへ
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_**_*
株式会社愛知心理教育ラボ(APEL)
NLMデザインより社名が変わりました。
HP:http://ai-pel.com/
メールアドレス:info@ai-pel.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_**_*

この記事を書いたプロ

株式会社愛知心理教育ラボ [ホームページ]

心理カウンセラー 毛受誉子

愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL:052-331-5506

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坂元さんのバストアップ

企業のメンタルヘルスに特化したコンサルティングを展開(1/3)

 東海地区の企業や官公庁、教育機関に対し、キャリア教育やコーチングなどの研修・講演などを行う株式会社愛知心理教育ラボ。同代表の毛受(めんじょう)誉子さんが力を入れるのは、企業のメンタルヘルスです。「実は最近、企業からの問い合わせが急増してき...

毛受誉子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識をもとにしたメンタルヘルス・カウンセリングに強み

会社名 : 株式会社愛知心理教育ラボ
住所 : 愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL : 052-331-5506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
リワークと復職支援

2010年の春、健康保険の診療報酬の改定の際に、認知療法や、認知行動療法という精神科専門療法が診療報酬化され、...

[ 復職支援 ]

9月に多い子供の自殺

夏休みも終わり、9月を迎えました。夏休みあけに、子どもが学校に行きたくない!という。周囲の大人は、夏休...

睡眠時間とうつの関係性

先日、中高生の睡眠時間とうつの関係性の調査研究が発表されました。リスクを最小にするには、男子の場合8時間...

過労死等の労災補償状況

厚生労働省は、6月24日に、平成27年度「過労死等の労災補償状況」を発表しました。過重な仕事が原因で発症した脳...

ストレスからくる病気

現代の日本社会において、ストレスがどのような影響を起こしているのか、そのストレスホルモンが死に至る病気を発...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ