コラム

 公開日: 2015-04-10 

自分の枠組みを見つめ直してみませんか?

4月になり心も新たに!といきたいところですが、桜が咲いたり、雪が降ったり、環境に身体や心が順応するのにエネルギーが必要な時期です。

こんな時、人がその事実をどのように捉えるのかは実に人それぞれです。

Aさんは『なんてことだ!こんなんじゃ大変だ』と言います。
Bさんは『まあ、三寒四温と言いますからね。こんなものでしょう』とつぶやきます。
Cさんは『ついてる!桜に雪が降りつもってる。こんな珍しい景色を見られるなんて奇跡だ』と興奮します。

この3人の方とお話しすると、それぞれの方がよく使う言葉や捉え方があることに気づきます。Aさんはよく『大変だ』という言葉を、Bさんは『こんなものだ』という言葉を、Cさんは『ついてる!』という言葉をよく使うのです。

このように個人がよく使う捉え方や言葉の中にその人にパラダイムを見つけることができます。パラダイムとは『それとは知らずに私たちの思考や行動に影響を与える枠組み』のことをいいます。パラダイムに正解、不正解はありません。大切なのは、そのパラダイム(枠組み)は自分の人生や活動に役立つものかどうか?ということなのです。その枠組みを持つことで自分を制限したり、関与する活動を制限したりするものはそろそろ異なるパラダイムを採用する必要があります。

愛知心理教育ラボでは、上記のように脳をより柔軟に活用できるようなプログラムを盛り込んだ研修をご提案しています。御社の課題に合わせて、独自のプログラムをカスタマイズいたします。ラボラトリー・メソッド(体験型研修・研修ゲーム)を取り入れることにより、個人の課題や、組織における課題を明確にし、より効果的な内容を提供します。


そして、パラダイムに気づくためには、まず自分の頭の中でどんなふうに考える傾向があるか、よく使う言葉はないかに注意を向ける必要があります。他者の客観的な視点もフィードバックしてもらうことで大変役立ちます。4月!職場でも新しい社員が増えたり、転居などで新しい環境と出会ったり、様々なパラダイムが入り混じる時期です。自分の中の枠組みに気づくチャンスなのです。

この機会に、固定化された自分の枠組みを見つめ直し、必要ならば新しい枠組みを取り入れてさらに進化していきませんか?
社員研修、人材育成などのご相談についてはこちらへ、
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
株式会社愛知心理教育ラボ(APEL)
NLMデザインより社名が変わりました。
HP:http://ai-pel.com/
メールアドレス:info@ai-pel.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

株式会社愛知心理教育ラボ [ホームページ]

心理カウンセラー 毛受誉子

愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL:052-331-5506

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坂元さんのバストアップ

企業のメンタルヘルスに特化したコンサルティングを展開(1/3)

 東海地区の企業や官公庁、教育機関に対し、キャリア教育やコーチングなどの研修・講演などを行う株式会社愛知心理教育ラボ。同代表の毛受(めんじょう)誉子さんが力を入れるのは、企業のメンタルヘルスです。「実は最近、企業からの問い合わせが急増してき...

毛受誉子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識をもとにしたメンタルヘルス・カウンセリングに強み

会社名 : 株式会社愛知心理教育ラボ
住所 : 愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL : 052-331-5506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
リワークと復職支援

2010年の春、健康保険の診療報酬の改定の際に、認知療法や、認知行動療法という精神科専門療法が診療報酬化され、...

[ 復職支援 ]

9月に多い子供の自殺

夏休みも終わり、9月を迎えました。夏休みあけに、子どもが学校に行きたくない!という。周囲の大人は、夏休...

睡眠時間とうつの関係性

先日、中高生の睡眠時間とうつの関係性の調査研究が発表されました。リスクを最小にするには、男子の場合8時間...

過労死等の労災補償状況

厚生労働省は、6月24日に、平成27年度「過労死等の労災補償状況」を発表しました。過重な仕事が原因で発症した脳...

ストレスからくる病気

現代の日本社会において、ストレスがどのような影響を起こしているのか、そのストレスホルモンが死に至る病気を発...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ