コラム

 公開日: 2012-11-26 

4つのケアについて

厚生労働省が「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」の中で、事業者がメンタルヘルスケアについて行うことが望ましいとされる基本として「4つのケア」を推進しています。4つのケアとは、「セルフケア」、「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」及び「事業場外資源によるケア」のことです。

1 セルフケア 
労働者本人が、ストレスやメンタルヘルスに対する正しい理解を持ち、ストレスに気づき、対処するための知識や方法を身に付けましょう。自分自身で心身の健康管理をしていくことがまず大切です。

2 ラインによるケア 
職場環境の把握と改善を行い、部下からの相談に対応することなどを、職場の所属部署や組織内で働く人の心身の健康をサポートしましょう。また、職場復帰の支援などをしていくことも協力、サポートしていきます。

3 事業場内産業保健スタッフ等によるケア
事業場内産業保健スタッフ等とは、産業医、衛生管理者、保健師、カウンセラー、人事労務スタッフなどです。組織の中でセルフケア、ラインケアが効果的に実施されることや、心の健康づくりが計画的、体系的に行われるようにサポートします。

4 事業場外資源によるケア
産業保険(推進)センター、医療機関、医師・臨床心理士・カウンセラーなどといった専門家による情報提供や、助言を受けたりする支援のことです。

上記の4つのケアが、有効的に実施されるようにするために、事業場内の関係者が相互に連携していくことが大切です。そして、「4 つのケア」が事業場内で継続的かつ計画的に行われることが重要であります。

この記事を書いたプロ

株式会社愛知心理教育ラボ [ホームページ]

心理カウンセラー 毛受誉子

愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL:052-331-5506

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
実績

2017.9.1 豊田合成株式会社様 管理監督者研修「メンタルヘルスフォロー研修」② 実施いたしました。2017.9.4 MK社様 人材育成会議 実施いたしました。2017.9.4 ...

 
このプロの紹介記事
坂元さんのバストアップ

企業のメンタルヘルスに特化したコンサルティングを展開(1/3)

 東海地区の企業や官公庁、教育機関に対し、キャリア教育やコーチングなどの研修・講演などを行う株式会社愛知心理教育ラボ。同代表の毛受(めんじょう)誉子さんが力を入れるのは、企業のメンタルヘルスです。「実は最近、企業からの問い合わせが急増してき...

毛受誉子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識をもとにしたメンタルヘルス・カウンセリングに強み

会社名 : 株式会社愛知心理教育ラボ
住所 : 愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL : 052-331-5506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
リワークと復職支援

2010年の春、健康保険の診療報酬の改定の際に、認知療法や、認知行動療法という精神科専門療法が診療報酬化され、...

[ 復職支援 ]

「ほうれんそう」を超えるビジネスマナーの言葉「おひたし」

昔からいわれる、仕事についての大切なこと『ほうれんそう』。「報告・連絡・相談」の頭文字をとった、ある意味...

互いの存在を認め合う人間関係が自己肯定感を高めて、やる気UP!

こころと身体の健康を保つには、職場環境を良いものにしていくことがとても重要だと言われています。その中でも、...

ストレスチェックテスト、実施後の取り組みをしていますか?

厚生労働省は7月26日、企業などに従業員の心の健康状態の点検を義務づけた「ストレスチェック制度」の実施状況を初...

コミュニケーションの質を高めるカギは「信頼関係」

こころの健康を保っていくには、人間関係の質が大きく影響していることがわかっています。周囲の人との人間関係が...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ