コラム

 公開日: 2016-02-08 

働きやすい職場とは?

新年に向けて決意も新たにはじまった今年も2ヵ月を過ぎました。いかがお過ごしでしょうか?暖冬といわれたこの冬、ここ最近は急激な寒波の襲来でグッと冷え込みましたね。このような気候変動が生じると、お仕事でかかわらせていただいている工場で働くみなさまの寒さ対策はいかがなものか?と気がかりになります。

工場のように気候の変化が労働環境の変化に直接的に関係しやすい職場では、職場環境対策と同時に働く皆さまご本人のセルフケア対策も重要になってきます。身体の冷え対策に脱いだり着たりできるものを余分に身につけるとか、動くと汗をかきますからこの汗をかいた後の冷えも心配です。インナーの着替えを持参するとか、飲み物は身体を温めるあたたかい飲み物を持参するとか、夜は温かいお風呂に浸かり頑張ってくれた身体を労うとか少し考えただけでもこれだけのセルフケアが思い浮かびます。

ただし実際のところ、こういった視点には女性よりも男性の方が気づきにくかったり、若年者についてはこれぐらいの寒さと若さゆえ跳ね飛ばして身体を気遣わなかったりということが生じます。若いころは乗り切れますが、『塵も積もれば山となる』で長年のこのような身体への刺激の蓄積がのちの腰痛、関節痛などにつながることも多いのです。

理想は職場で、様々な年齢層のセルフケア法をお互いに話してみたり、そこから快適な自分の方法を考え出したり、先輩は自分の経験から役に立ったことを後輩の方に教えたり、女性ならではの視点、男性ならではの視点をお互いに認めあったりできると自律的に働きやすい職場にセルフケアを通じて発展することができますね。

昨年12月に法制化されたストレスチェックテストですが、ストレスチェックテストのやり方によっては、社内の風通し具合を確認することもできます。会社全体像から社内メンタルヘルスを向上させる手段を検討できるような活用ができると社員のモチベーションアップにもつながり、会社にとってもテストが財産になります。

一言で表現すると『風通しの良い職場環境が働く人の意識をあげて、働きやすい職場づくりに役立つ』といえます。皆さまの職場はいかがですか?風通しを良くするためにどんな工夫ができるのか?ぜひとも職場の仲間や後輩と話し合うことから始めてみてください。

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_**_*
株式会社愛知心理教育ラボ(APEL)
NLMデザインより社名が変わりました。
HP:http://ai-pel.com/
メールアドレス:info@ai-pel.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_**_*

この記事を書いたプロ

株式会社愛知心理教育ラボ [ホームページ]

心理カウンセラー 毛受誉子

愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL:052-331-5506

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坂元さんのバストアップ

企業のメンタルヘルスに特化したコンサルティングを展開(1/3)

 東海地区の企業や官公庁、教育機関に対し、キャリア教育やコーチングなどの研修・講演などを行う株式会社愛知心理教育ラボ。同代表の毛受(めんじょう)誉子さんが力を入れるのは、企業のメンタルヘルスです。「実は最近、企業からの問い合わせが急増してき...

毛受誉子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識をもとにしたメンタルヘルス・カウンセリングに強み

会社名 : 株式会社愛知心理教育ラボ
住所 : 愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL : 052-331-5506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
リワークと復職支援

2010年の春、健康保険の診療報酬の改定の際に、認知療法や、認知行動療法という精神科専門療法が診療報酬化され、...

[ 復職支援 ]

9月に多い子供の自殺

夏休みも終わり、9月を迎えました。夏休みあけに、子どもが学校に行きたくない!という。周囲の大人は、夏休...

睡眠時間とうつの関係性

先日、中高生の睡眠時間とうつの関係性の調査研究が発表されました。リスクを最小にするには、男子の場合8時間...

過労死等の労災補償状況

厚生労働省は、6月24日に、平成27年度「過労死等の労災補償状況」を発表しました。過重な仕事が原因で発症した脳...

ストレスからくる病気

現代の日本社会において、ストレスがどのような影響を起こしているのか、そのストレスホルモンが死に至る病気を発...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ