コラム一覧

76件~90件(129件)

新しいの15件

過去の15件

増加する大人の「多動性障害」とは?

ADHDという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。これは、注意欠陥多動性障害(AD/HD)といわれ、3つのタイプに分けられます。①多動性・衝動性が優位なタイプ、②不注意が優位なタイプ、③1と2の両方を持っているタイプの3つです。その中の多動性障害について注目してみます。この多動性... 続きを読む

発達障害

2014-05-02

「新型うつ病」とは

テレビや新聞などで「新型うつ病」という言葉をどこかで見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。従来の「うつ病」は一般的に中高年層に多く、几帳面で真面目、自分を責める傾向が強いのですが、「新型うつ病」はサボっているつもりはなくとも周りの環境や他人のせいにしたり、パーソ... 続きを読む

うつ病

2014-04-28

社内での心の不調者の早期発見と「3つのA」

メンタルヘルス不調の早期発見には「3つのA」が大切と言われていますがご存知ですか。。「3つのA」とは1.アルコール (alcohol) お酒の量や飲み方2.アブセンティーズム (absenteeism) 遅刻、欠勤、早退、不定期な休み3.アクシデント (accident) ミス、事故、ケガそして、この「3つのA」... 続きを読む

職場のメンタルヘルス

2014-04-21

「ストレス対応力・対処力」のある人とは

「ストレスの対応力・対処力」のある人とはどんな人なのでしょうか。皆さんの周囲で、思いあたるふしの方とはどんな傾向を持っているのでしょうか。「~な人」…「~できる人」…などといくつか職場で挙げてみるだけでも随分役に立ちます。そして共通してストレスに対応・対処している人の持ち合わ... 続きを読む

ストレス

2014-04-15

メンタルヘルス不調で休職者のうち42%が退職へ

2013年3月18日、中日新聞夕刊にメンタルヘルス不調者のことについて記事として取り上げられました。厚生労働省が実施している患者調査によれば、うつ病などの気分障害患者数は1996年には43.3万人、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2011年96万人と18年間で2倍以上に増加しています。うつ... 続きを読む

職場のメンタルヘルス

2014-04-07

「不眠と睡眠障害」シリーズ②

今日は前々回につづき、「不眠と睡眠障害」シリーズ② かくれ不眠 をお伝えします。不眠を一時的なものだからとそのままにしておかず、症状が悪化する前に早めに対策をしておきたいものです。不眠はさまざまな病を引き起こす原因とも言われています。そこで不眠症になるリスクを自己診断できるか... 続きを読む

睡眠

2014-03-17

3月は自殺予防月間です。

イメージ

毎年3月は自殺予防月間です。昨年3月のコラムでもこのことに触れていますが、ご存知ですか。内閣府のHPをご紹介します。http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kyoukagekkan/index-h25.htmlまた、「こころの健康相談統一ダイヤル」が、今週3日の月曜日から9日の日曜日まで(地域によって日... 続きを読む

その他

2014-03-05

「不眠と睡眠障害」シリーズ①

少しずつ暖かくなり、もうすぐ3月です。「春眠暁を覚えず」(意味:春の夜は短く、また気候もよいので、つい寝過ごしてしまうということ)という言葉がありますが、日本人は5人に1人が不眠症で悩んでいるというデータが出ています。不眠症は放っておくと、うつ病や生活習慣病の原因ともなりえます。... 続きを読む

睡眠

2014-02-24

依存症と発達障害

発達障害では、依存や嗜癖の原因は自尊心やストレス耐性の低さなどから起こる精神的不安感と考えられています。また欲求などが満たされたときに活性化する脳の「報酬系」といわれる部分の反応が弱く活性化しにくいために、依存や嗜癖へ偏向する傾向が強いともされています。発達障害は、うつ病や... 続きを読む

発達障害

2014-02-07

心の不安と依存症

アルコール依存、ギャンブル依存、ニコチン依存、恋愛依存という言葉をどこかで耳にしたことがあると思います。嗜癖(しへき)行動がくりかえされると、最終的に「依存症」と呼ばれるようになるのです。嗜癖とは「やめようやめようと思いながらもやめることのできない悪い習慣に陥ってしまうこと... 続きを読む

依存症

2014-01-31

密接な関係がある発達障害と睡眠障害

一般的に睡眠障害といわれるものには・不眠・過眠・就寝時の異常感覚(脚がむずむずしたり火照ったり、脚をじっとさせていられないためによく眠れない)・睡眠覚醒リズム障害(昼は起きて活動し、夜は眠るというリズムが保てなくなる)・いびき・無呼吸・睡眠時随伴症(眠っている間に生じる... 続きを読む

睡眠

2014-01-23

今年1年のはじまりによせて・・・

みなさま あけましておめでとうございます。大好きな言葉のひとつ。『人間は一生のうちに出逢うべき人には必ず出逢える。        しかも一瞬も早過ぎず、一瞬も遅過ぎずに・・・』  (J.Dewey)心理職として、企業や個人の皆様とご一緒させていただくごとに、そのタイミングでお会... 続きを読む

その他

2014-01-10

極端に思考が偏るパーソナリティ障害とその症状の例

日常生活や対人関係で極端すぎる言動や考え方をしてしまい、社会生活に支障がでる精神疾患はパーソナリティ障害として知られるものです。周囲の人や出来事に対する見方やかかわり方には、誰もが特有のパターンをもっています。これに対し、パーソナリティ障害の人は融通が利かず、問題に対して適切... 続きを読む

発達障害

2013-12-27

併発する二次障害~生きにくさ

併発する二次障害発達障害の人はその特有の言動などのために周囲の人から、「冗談が通じない」「天然」「意味が解らない」などと変わり者扱いされてしまったり、疎外感、劣等感から閉じこもりがちになり、二次的な精神疾患を併発するケースが数多くあります。二次障害の症状は数多く、うつ病や適... 続きを読む

発達障害

2013-12-24

ストレス耐性の低さが原因の適応障害

これはストレス障害の一種で日常の環境で対人関係に適応できず心や身体、両方に不調が現れる適応障害があります。ちょっとしたことに不安に感じ、頭から離れなくなることや、ちょっとした他人の言動に反応し、周囲とトラブルになることなどがあります。この障害も、発達障害の二次障害として見ら... 続きを読む

発達障害

2013-12-09

76件~90件(129件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
実績

2018.2.1 MA社様 社員メンタルヘルスカウンセリング 実施いたしました。2018.2.1 あいち男女共同参画財団様 「フォローアップセミナー」講師 担当いたしました...

 
このプロの紹介記事
坂元さんのバストアップ

企業のメンタルヘルスに特化したコンサルティングを展開(1/3)

 東海地区の企業や官公庁、教育機関に対し、キャリア教育やコーチングなどの研修・講演などを行う株式会社愛知心理教育ラボ。同代表の毛受(めんじょう)誉子さんが力を入れるのは、企業のメンタルヘルスです。「実は最近、企業からの問い合わせが急増してき...

毛受誉子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識をもとにしたメンタルヘルス・カウンセリングに強み

会社名 : 株式会社愛知心理教育ラボ
住所 : 愛知県名古屋市中区金山1丁目2-4 IDAREA7階 [地図]
TEL : 052-331-5506

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
どのように取り組んでいますか?「職場のメンタルヘルス対策」

 人事の方のお悩みの声 「メンタル不調者が急増!こんな時、どうすればいいの?」「忙しくてなかなか対策...

[ 職場のメンタルヘルス ]

リワークと復職支援

2010年の春、健康保険の診療報酬の改定の際に、認知療法や、認知行動療法という精神科専門療法が診療報酬化され、...

[ 復職支援 ]

「I(アイ)メッセージ+依頼」の表現で人間関係力UP

前回のコラムで、「適切な自己表現」の具体的な方法として、わたしを主語にして、自分自身の発言に責任を持ってコ...

[ 職場のメンタルヘルス ]

職場での伝え方、話し方 責任のある自己表現

職場内での人間関係を良いものにしていくには、自分の気持ちを適切に表現し合い、理解し合い、分かち合えることが...

[ 職場のメンタルヘルス ]

人間関係を円滑にして業務効率をUPする「適切な自己表現」

こころと身体の健康に大きな影響を与えると言われる「人間関係」ですが、人間関係の円滑さは仕事の効率にも大きな...

[ 職場のメンタルヘルス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ